北川景子&三石琴乃、『リコカツ』美しすぎる母娘2ショットに歓喜の声「ムーンとマーズ」

 声優の三石琴乃が15日にツイッターを更新。16日からスタートするドラマ『リコカツ』(TBS系/毎週金曜22時)で共演する女優の北川景子との2ショットを披露すると、『美少女戦士セーラームーン』のアニメ版と実写版に出演した2人が並ぶ姿に、ファンからは大きな反響が寄せられた。

 ドラマ『リコカツ』は、北川演じる出版社編集者と永山瑛太演じる自衛官一家の長男の“離婚”から始まるラブストーリー。運命的な出会いを経て交際ゼロ日でスピード結婚をしたものの早々に離婚を決意する夫婦の姿を描いていく。本作で北川は自由な家庭で育ったファッション誌編集者の咲を演じ、三石は咲の母・美土里を演じている。

 初回放送の前日に、三石が「#リコカツ 第1話放送ですね」と投稿したのは、複数のオフショット。娘を演じる北川と笑顔でピースサインを見せる2ショットや、夫役の佐野史郎や永山、北川との集合写真などを披露している。

 三石はアニメ版の『美少女戦士セーラームーン』シリーズで主人公の月野うさぎ(セーラームーン)役を務めていて、一方北川はテレビドラマ版『美少女戦士セーラームーン』の火野レイ(セーラーマーズ)役で女優デビューを果たしている。そんな2人の共演にファンからは「時を超えてまさかムーンとマーズが共演することになるとは」「セーラームーンとセーラーマーズが親子になったら最強」といった感慨深げなコメントが殺到。さらに親子を演じる三石と北川の姿に「目もとがそっくりで本当の親子みたい」「似すぎ問題」などの声が相次いでいる。

引用:「三石琴乃」ツイッター(@kotochawanmoon)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/16 19:40
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます