G1競馬・皐月賞予想&POGマル秘話【セキネ記者の独占情報】

拡大画像を見る

 いよいよ牡馬クラシックの第1弾、皐月賞が近づいてきた。

※動画は「taishu.jp」で

 今年は、有力馬のダノンザキッドが前哨戦の弥生賞で、まさかの3着。無敗で共同通信杯を勝ったエフフォーリアが1番人気になりそうで、混戦模様は必至だ。

 ほかにもすみれステークスを制したディープモンスター、スプリングステークスを勝ったヴィクティファルス、きさらぎ賞勝ちのラーゴム、若葉ステークスを勝って鞍上にルメールを迎えたアドマイヤハダルなど、どの馬が勝ってもおかしくない。きさらぎ賞2着のヨーホーレイクや朝日杯フューチュリティステークス3着のレッドベルオーブが単勝20~30倍が予想されるなど、近年にないほど、人気が割れそう。結果的に1番人気、2番人気の決着となった桜花賞以上の激戦となりそうだ。

 この一戦を週刊大衆競馬班のセキネ記者が予想。桜花賞では、本命アカイトリノムスメが4着。対抗のファインルージュが3着。渾身のワイド予想が、少しずれる結果となったが、今週はいかに…。

 ようやく校了を迎えた「POGの王道」から、マル秘情報もお届けします! 今週は牡馬編。ドラフト中位指名に向いた穴馬が登場しますぞ。

https://youtu.be/PEOja7cnooE

関連リンク

  • 4/16 21:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます