社会人1年目 何ができれば合格ライン?

拡大画像を見る

新年度が始まって半月ほど。
新社会人になった人は、学生時代とは勝手が違う「仕事」という時間にまだ戸惑っているころかもしれません。やる気はあるけど、何をどうがんばればいいのか見えてこないから、とりあえず目の前のことを一生懸命こなす状態は疲れるし、ストレスがたまります。

■新人が上司の期待を超えるのはカンタン

こんな時、「仕事で接する上司や先輩が自分に求めているのは何なのか?」ということに考えを向けると、気持ちが楽になるもの。少なくとも、入社したばかりの新卒社員にいきなり高い売上ノルマや、会社の根幹としての活躍を求める企業はないはずです。

ただ、それでも「こういうことができたら、すばらしい新人だな」という「期待」はあります。『仕事1年生「これ」だけできれば100点です!』(山形琢也著、すばる舎刊)は、入社したばかりの新卒社員に対して、上司や先輩が求めていることを明らかにしています。

新卒社員への彼らの期待は、決して高いハードルではありません。シンプルで、すぐに実践できることばかりです。だからこそ、しっかり越えておきたいところ。一体どんなことが求められているのでしょうか?

■人間性は言葉より行動で伝わる

新卒社員にとって、やるべきことの「いの一番」は、直属の上司の信頼を得ること。「この人は、安心して仕事を任せられるな」と思ってもらうことです。

自分が信頼に足る人間だということを知ってもらうなら、言葉で表現するよりも、行動で示す方が相手には伝わります。というよりは、社会人は言葉よりも行動で相手の人間性を判断する習慣がついている、と言った方がいいかもしれません。

もちろん、いきなり大きな成果を出すということではありません。
上司に言われたことを確実にこなす。
新人として決められたことを確実にやる。
そしてその内容と結果を報告する。

やるべきことはそれだけ。そして、それさえできれば、新卒社員としては十分「合格」なのです。

■「先手必勝」をクセにする

もう一つ大切なのが「先手必勝」をクセにすること。どんなことでも、相手の先回りするように行動してみましょう。

打ち合わせの場所に、相手よりも先に行っているのも先回りですし、相手が挨拶するよりも先にこちらから挨拶することもそう。営業に行くことになったら、相手先担当者についてできるかぎりの情報を入れておくことも先回りです。

上司に会議用の書類コピーを頼まれたら、単純にコピーするだけでなく、一人分ずつまとめてそれぞれの席においておくことも、一種の先回りです。この「先回りグセ」がつけば、新人として「合格」どころか「かなりすごい新人」かもしれません。

■「一生懸命」「できるかぎり」はもうやめよう

組織を導いたり、人をまとめたりする立場であれば、抽象的な理念を語るべき時もありますが、入社初年度の新人にはそういう場面はほとんどないはず。上司や先輩に何かを説明する時は、できるだけ具体的に、数値化できるものは数値化して説明しましょう。

といっても、難しいことは特にありません。
「一生懸命~します」「できるかぎり~します」といった言葉をやめて「1日15件営業に回ります」などと、数字を使って表現するだけです。

そして、言ったことは実践してみて、できなかったらなぜできなかったかを考える。そしてできるようになる方法を考える。仕事は基本的にこのプロセスの繰り返しです。だから早いところ身につけてしまいましょう。これもできていたら、新人としてはほとんど非の打ちどころがないのではないでしょうか。

新人として、上司や先輩の期待に応えることは、決して難しいことではありません。だけどもっと大切なことは、新人のうちに、その後成長していくための下地を作っておくこと。本書ではそのためにやるべきことや身につけておくべき習慣、心構えについて解説しています。

新人時代の取り組みでその後の人生がすべて決まるわけではありませんが、早いうちに社内での自分の評価を確立させておくと、後々の仕事が圧倒的にやりやすくなるのは確かです。そのためにも有意義な新人時代を送りたいところ。本書はその助けになってくれるはずです。

(新刊JP編集部)

関連リンク

  • 4/16 18:00
  • 新刊JP

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます