亡き夫から手紙が? 『平仮名だらけのワケ』が心にしみる

拡大画像を見る

ショートストーリーをTwitterで公開している、漫画家の江戸川治(@edoosam)さん。

いつも心に刺さる作品を描き、公開するたびに大きな反響が上がっています。

ご紹介するのは、夫を亡くした妻のストーリー。天国へと旅立った夫宛に手紙を書いても、返事は来ないはずでした。

しかし、ある日、1通の手紙が届いて…。

『じょうずな手紙』

妻が受け取った『夫からの手紙』は、息子が書いたもの。

きっと「お母さんを元気付けてあげたい」との想いから、筆を執ったのでしょう。

幼かった息子さんが成長するにつれ、手紙の文字もしっかりとしたものに変化していきました。

心優しい息子さんは、成長しても母親想いなようです。そんな息子さんを見て、天国にいる夫も安心しているのではないでしょうか。

漫画には、「この話、好き」「泣けてくる」「温かいな」などのコメントが多数寄せられました。

家族を想う気持ちが詰まった作品ですね。

単行本『インスタントライフ』が発売!

漫画サイト『くらげバンチ』で連載中の江戸川さん。

2021年4月9日に、単行本『インスタントライフ』の第1巻が発売されました!

3分間だけ死者をよみがえらせることができる『インスタントライフ』と、人々のドラマを描いた作品。どのストーリーにも、心を揺さぶられますよ。

読みたい人は、お手に取ってご覧ください。

[文・構成/grape編集部]

出典 @edoosam

関連リンク

  • 4/16 15:53
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます