1年の契約延長断りヴァラン退団へ 行き先は“赤い”マンチェスター

拡大画像を見る

キリアン・エムバペの獲得という大きな野望を持ち、そのためには資金を調達しなければならないであろうレアル・マドリーのようなクラブと共に、夏の移籍市場は非常に大きな動きを見せるだろう。

退団の重要な章もやってくる。ホセ・アルバレスは『El Chiringuito』で、マドリーはセルヒオ・ラモスの後任としてダビド・アラバだけでなく、1年の契約延長を断っての退団を当然視しているラファ・ヴァランの代わりも探していると断言した。

アルバレスによる可能性のあるチームは、スペインリーグ以外での挑戦を求めているヴァランの意向からマンチェスター・ユナイテッドとのこと。同氏によると、このような状況の中、ヴァランには1年しか契約期間が残っていないため、マドリーは彼を売却する方向で動いていると話した。

関連リンク

  • 4/16 11:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます