これ読める?【所謂】一度は聞いたことがある言葉!

今回紹介する難読漢字は「所謂」です。
パッと見難しい漢字ですが、誰でも一度は耳にしたことがある言葉ですよ!
早速、正しい読み方をチェックしていきましょう。

(1)「所謂」の読み方



「所謂」は「いわゆる」と読みます。
普段の生活ではあまり口にすることがないかもしれませんが、ニュース番組やテレビで耳にしたことがある方も多いはずです。

「所謂」は、「世間でいうところの~」という意味を表していますよ。
次は、どうして「所謂」という漢字になったのか由来を紹介します。

(2)「所謂」の由来は?



「所謂」という言葉の由来は、中国の漢文に関係しています。
漢文で表される「所謂」は、「謂う所の」と読まれていました。
読み方としては、「いうところの」と表現されます。

しかし、奈良時代の日本では、「いう」を「ゆる」と表現していたため、「所謂」を「いわゆる」と読むようになりました。
次は、「所謂」と似た言葉や間違いやすい言葉を紹介します。

(3)「所謂」の類語や間違いやすい言葉



「所謂」に似た漢字で表される言葉に「所詮」があります。
似ている漢字を使用しているため、つい間違えてしまいそうですね。
「所詮」は「しょせん」と読みます。
こちらも、テレビドラマや映画で耳にしたことがありますね。
「所詮」は、「結局は~」や「最終的には~」という意味で使用されます。

「所謂」の類語には、「いわば」や「俗にいうと」があります。
どちらも同じような、「一般的にいうと」や「言うなれば」といった意味で使用されています。
似たような意味でも、少しニュアンスが変わってくるので使い方が難しいですね。


今回は、「所謂」の読み方を紹介しました。
似た漢字を使用する言葉も多く、少しややこしいかもしれません。

類語や間違えやすい言葉も合わせてチェックしておきましょう。

(liBae編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/16 12:00
  • liBae

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます