大地真央演じるハルコ、名店の跡継ぎ問題を解決!?

拡大画像を見る

大地真央が主演を務めるオトナの土ドラ『最高のオバハン 中島ハルコ』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)の第2話が、4月17日に放送される。

美容外科医でクリニックの敏腕経営者でもあるアラ還名古屋嬢の中島ハルコ(大地)が、無駄なプライドから生まれる悩みや、忖度まみれの理不尽な仕事の悩みをばっさばっさと切り倒していく姿を痛快に描いていく本作。ハルコに出会ったことで翻弄されるアラフォー女子・菊池いづみを松本まりかが演じる。

先週放送された第1話では、ハルコの「夫に一生添い遂げるのも修行。自立して働くのも修行。修羅場を乗り越えた女は強い」などの名言や小気味のいい展開に「知り合いにハルコさんがいて欲しい めっちゃ面白い」「的確に的を得た名言の数々が絶妙に相まって想像以上に面白かった〜!」「まりか様かわいいw」との声があった。

<第2話あらすじ>
無事(?)不倫問題が解決した菊池いづみ(松本)と中島ハルコ(大地)がレストランで食事中、刃物男が乱入。店内に悲鳴が響き渡る中、ハルコがなぜか刃物男の前に立ちふさがる!「私を誰だと思ってるの? 美のスーパードクター・中島ハルコよ」それを見ていづみは思った。「……それ、いま関係ないんじゃ」。

とにもかくにもハルコに圧倒されたいづみ。名古屋メシ企画を編集長・尾石初郎(今野浩喜)に提案し、ハルコとともに再び愛知にやってくる。ハルコがイチ押しするひつまぶし屋「いとう」は80年続く店で、今は大将とその妻、娘の3人で家族経営をしていた。ハルコの姿を見るや否や、妻・幸(堀優子)が駆け寄って来て「ハルコさん、大変なんだて」と三河弁でまくしたてる。実は大手釜飯チェーン店から買収話を持ちかけられているという。いづみの調べでは「いとう」の経営は火の車。一人娘の真澄(小林亜実)は店を継ぐ気になってはいるというが、真澄が一人前になるには20年はかかるとバッサリ斬るハルコ。

さらに、ハルコの知人で、名古屋の老舗ういろう屋「紫風堂」の四代目店主・三島昭宏(田山涼成)からも跡継ぎ問題で相談が舞い込んでくる。昭宏の長男・隆行(永嶋柊吾)が“メイダイ=名古屋大学”を辞めてミュージシャンになると言い出したという。ここでもハルコは「古いだけが取り柄のういろう屋に明日はない!」とバッサリ。それでも諦めきれない昭宏に、ハルコのクチから出た言葉は「政略結婚」!

「信長公も家康公も政略結婚で日本を平定したのよ!」。ハルコの奇策は奇跡を起こすのか!?

関連リンク

  • 4/16 12:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます