三田友梨佳アナは「上級女子アナ」!フジ「ステマ騒動」の深刻裏側!!

拡大画像を見る

 4月15日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた、フジテレビの女性アナウンサーたちの“ステルスマーケティング疑惑”が波紋を広げている。

 記事によると、『めざましテレビ』の井上清華アナ(25)、『ノンストップ!』の三上真奈アナ(32)、『プライムオンラインTODAY』の宮澤智アナ(31)、『めざましどようび』の久慈暁子アナ(26)などに“ステマ疑惑”が浮上し、野島卓アナウンス室部長(54)の事情聴取を受けたという。

 事情聴取を受けているというフジテレビの女子アナたちは、芸能人も多く訪れる人気美容室に通い、カットだけでなく、ネイルやまつ毛エクステなども“無料”でしてもらう代わりに、インスタグラムなどで宣伝をしていた疑いが持ち上がっているというのだ。

 一連の騒動を受け、4月15日放送の『バイキングMORE』では伊藤利尋アナ(48)が釈明に追われた。

 番組内で伊藤アナが「仲間がお騒がせしていることについて、まずはお詫び申し上げたい」と頭を下げると、MCの坂上忍(53)は「ステマに該当することがないなら、なんで謝罪するの? 倫理の問題?」と指摘。

 これを受け、伊藤アナは「謝罪はお騒がせしていることについて。我々の仲間がこうして週刊誌で報じられているので」と説明し、「お騒がせしていることに対しては私の立場として、管理職の一人として、お詫び申し上げたいという気持ちがある」と続けた。

 フジテレビは、「事実関係の詳細については現在確認中ですが、いわゆるステルスマーケティングに該当する行為はないと考えております。就業規則に抵触する行為が判明した場合には、適切に対処して参りたいと考えています」とコメントを発表している。

「編成局アナウンス室情報担当部長の伊藤アナとしては、生放送の『バイキングMORE』で何かしらの説明をしなければならなかったというところでしょう。

 ただ、今回の騒動で若手女子アナとフジテレビエースの三田友梨佳アナ(33)との間に、明確な“格差”があることがあらためて明らかになりましたね」(制作会社関係者)

■三田アナと若手女子アナでは事情が違う

 三田アナといえば、月曜から木曜までフジテレビ夜の看板ニュース番組『FNN Live News α』のMCを担当しているほか、宮根誠司(57)がMCを務める日曜夜の『Mr.サンデー』にも出演している、同局を代表するアナウンサーだ。

『週刊文春』によると、ステマ疑惑が浮上し、事情聴取を受けた女子アナたちは「三田さんもやっているから大丈夫だと思った」「三田さんだけお咎めがないのはおかしい」と口々に言ったという。

「井上アナなどは『A』という美容室の宣伝に加担したのではないかという疑惑が報じられています。一方、三田アナについては、彼女の父親も通うという“三田家御用達”の美容室『B』と宮根が用意した『Mr.サンデー』のヘアメイクが在籍する美容室『C』を自身のインスタで紹介しているんです。

『B』はもともと通っていた美容室で、『C』も番組関係者が携わっている、三田アナと関係性のある店。宣伝の一端を担っていた、とは言えるかもしれませんが、明らかに『A』に対するステマ疑惑が上がっている他の女子アナとは事情が違う。三田アナにも野島アナの聞き取り調査があったといいますが、不問になったということですね。

 ただ、若手女子アナたちが“三田さんもやっているのに……”と不満を漏らすのには、三田アナと若手アナとでは、給与体系をはじめ“深刻な格差”があるからだとささやかれています」(前出の制作会社関係者)

■「三田アナは上級女子アナだから」

 フジテレビ社員といえば、かつては入社2~3年目で年収1000万円に達するとも言われ、業界でも突出した高給取りとして知られていた。

「ただここ数年、フジテレビは視聴率低迷が続き、広告収入も激減。社員の給料も他のキー局に比べてそれほどよくはなくなってきています。どうやら、今年で30歳になる永島優美アナ(29)の代ぐらいから給与体系が変わり、各段に悪くなっているというんです。

 とは言っても、一般企業に比べれば決して悪くはないのですが、『めざましテレビ』の井上アナ、『めざましどようび』の久慈アナなどで、年収600万円台と言われています。一方、給与体系が悪くなる前に入社した三田アナの年収は1000万円は軽く超えているでしょうね」(前出の制作会社関係者)

 そもそも三田アナの実家は東京を代表する老舗料亭で、父親は歌舞伎や演劇を上演する歴史ある劇場「明治座」の社長という、超セレブとして知られる。

「普通、一家で御用達の美容室なんてないですからね。さらに、三田アナの夫は外資系企業に務めるビジネスマン。彼の年収も数千万円は下らないでしょう。だからなのでしょうが、フジテレビ局内では“三田アナは上級女子アナだから”とやっかむ声もあるほどです。若手アナは給料が安く、強い不公平感があるというんです。

 加えて、今回のステマ疑惑が取り沙汰されたのは、フジテレビの女子アナがインスタのフォロワー数を増やすことに躍起になっているから、だとも言われています。実は数年前、フジテレビの不調が続く中、編成局の上層部が、“女子アナも個性を出していかないと。キャラ立ちが必要だ”と言い、“インスタグラムを始めましょう”という方策を出したというんです」(前同)

■若手女子アナのフォロワー数獲得の動きが異常過熱

 フジテレビの女子アナの多くがインスタアカウントを持っており、井上アナのフォロワー数は17万人、三上アナで8万人弱、宮澤アナが12万人、三田アナは28万人弱、久慈アナに至っては44万人ものフォロワー数を誇っている。

「編成上層部としては、女子アナのフォロワー数が増えれば、彼女たちの出演番組の視聴率アップにつながると考えたようです。そのため、女子アナたちのフォロワー数獲得の動きも過熱。しかし、SNSのフォロワー数は、視聴率には直接つながらないことが明らかになったようです。それでも、いまだに女子アナたちはフォロワー数を増やそうと試行錯誤している。

 ここ最近、多くのテレビ局では番組に対して女子アナの数が過剰になっている“女子アナ余り”の状態が続いていて、特にフジテレビでは仕事がない女子アナも少なくない。そんな中にあって、インスタのフォロワーを獲得することが、“自分の仕事が回ってくることにつながるのでは”と考える女子アナもいるそうです。

 フォロワーの獲得に躍起になり、日々、インスタにアップできる写真がないか探している状況になっていて、放送前の番組の収録でも“これインスタに上げてもいいですか?”と言う女子アナもいるくらいなんです」(前出の制作会社関係者)

 公式発表前の番組に関連する写真のアップなど、論外であることは誰が考えてもわかると思うのだが……。

「それぐらい、おかしなことになっているということですよね。フジテレビの若手女子アナの間では、インスタのフォロワー数が少ないことが“恥ずかしい”という意識すら生まれてきているといいます。

 一方、三田アナもインスタをやってはいますが、彼女は『めざましテレビ』、『直撃LIVE グッディ!』などで経験を積み、実力が評価されて、夜の看板ニュース番組を任されるようになった。インスタのフォロワー数を気にしなくてもいい状況です。しかし、若手女子アナたちはインスタでフォロワー数を増やして、なんとか仕事を獲得したい、と焦りも出てきている。

 女子アナといえば、髪の毛やネイルなど見た目も気にしないといけない。しかし、給与体系が変わってお金にそれほど余裕もない。今、若手の女子アナは、実家から通っている人も少なくありません。そんな中、無料で美容室、ネイル、ジムに通えるとなったら、飛びつく女子アナが出てくるのもわからない話でもない。もちろん、ステマを行っているように見られるのは、脇が甘いとしか言いようがありませんが。

 ただ、今回のステマ疑惑は、“上級女子アナ”とも言われる三田アナとの収入面の大きな差、そして彼女へのやっかみ、若手女子アナが感じている不公平感から生じた問題と言えるのかもしれません」(前同)

 今回のステマ騒動で、三田アナと若手アナの溝はさらに深まってしまうのかもしれない――。

関連リンク

  • 4/16 11:51
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます