TCLから32V型フルHD液晶テレビ 多彩な動画配信サービスも楽しめる

拡大画像を見る

中国家電メーカーの日本法人TCLジャパンエレクトロニクス (東京都江東区)は、32V型の液晶テレビ「32S5200A」を2021年4月16日から順次発売する。

リモコンのマイクに話しかけるだけで簡単検索

「Androidシステム」を搭載し、「YouTube(ユーチューブ)」や「Amazonプライムビデオ」、「Netflix(ネットフリックス)」など多彩な動画配信サービスに対応。映画やドラマ、アニメなどのコンテンツを楽しめる。

直下型LEDバックライトのフルHD(1920×1080ピクセル)液晶パネルを採用。画面全体が明るく高精細な映像表示を実現。映像情報をゾーン別に分割して詳細に分析する「マイクロディミング」機能を搭載し、繊細な部分まで明暗を分けることで、風景の奥行き感などをよりリアルに再現可能。「HDR10」「HLG」両HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)規格に対応する。

音声アシスタント「Googleアシスタント」に対応。付属のリモコンの「アシストボタン」を押して話しかけるだけで、見たい映像の検索などが簡単に行える。また「Chromecast(クロームキャスト)」機能を内蔵し、スマートフォンの映像やゲームなどを映し出せる。

地上デジタル/BS/110度CSデジタルのダブルチューナーを内蔵し、外付けハードディスクを接続すれば裏番組の録画が可能だ。

主なインターフェイスは、HDMI 1.4a×2、USB 2.0×1、有線/無線LAN、ビデオ入力、光デジタル音声出力などを装備する。カラーは黒。

市場想定価格は3万6000円前後(税込)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 4/16 7:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます