杉咲花にたぬきメイクした『おちょやん』香里役・松本妃代、SNSで公開した絵画作品に俳優が「買える?」

拡大画像を見る

松本妃代は12日に「一平たぬき、千代たぬき、描かせてもらいました」と杉咲花にたぬきメイクを施すオフショットを投稿しており、千代の夫で「鶴亀家庭劇」の座長・一平(成田凌)のたぬきメイクも手掛けたようである。松本は「千代は女の子の狸やからお鼻を丸く、おひげも可愛らしく、、どないだすやろ?」と工夫を凝らした点を説明しながら「描いてる途中にもコロコロ笑う千代。なんやかんや、どさ回りの劇中もそれ以外も楽しく過ごしてる私たちでした」と明るい現場の雰囲気を描写していた。ちなみに「鶴亀家庭劇」の座員・香里は一平に好意を抱いていたこともあり、千代をライバル視しているという設定を思うとこのツーショットは興味深い。

そんな松本妃代が2019年12月にアトリエでキャンバスに向かい作品を制作する姿を投稿したところ、フォロワーから「それにしても可愛くて、絵がうまくて、英語が堪能、演技力等もあって…相当な努力もされたと思いますが凄い才能ですね」という声が寄せられた。

2020年3月にはハリネズミを描いた絵を披露すると、「ハリネズミ キュート」、「お腹のモフモフ具合がいいね」、「いままでとはまた違ったすごくいい絵ですね」、「才能の塊!」と反響があるなか、俳優・松岡広大(アミューズ所属)が「買える?」とリアクションしており、映画『いなくなれ、群青』で共演した松本の作品を見て興味を持ったようだ。

兵庫県出身の松本妃代は、2017年9月27日にインスタグラムで神奈川県横浜市にあるフェリス女学院大学を卒業したことを報告。「授業や教材作ったり、台湾へ教育実習に行ったり、大変なときもあったけれど楽しく充実した四年間でした」と振り返っていた。2020年12月27日には一般男性との結婚を報告しており、「学生時代から目標を持つ者同士、助け合い支え合った」間柄だという。松本は折しも同年7月20日から公開されたHanayume(ハナユメ)による結婚式を応援するメッセージムービー『「結婚式に、ありがとう」篇』に出演していた。

夏希役で主演を務めたウェブドラマ『ひとりごとエプロン』(2019年12月より配信)の視聴者からは、インスタグラムに「ほんとに素敵な作品に癒されました! きよさん可愛い!」、「私はおばちゃんですが、ひとりごとエプロンから、あなたが大好きです」、「ひとりごとエプロン 興味本位で1話だけーって思って見たのですが止まらずあっという間に最終まで見てしまいました…まだまだ続きが見たいほどウズウズしてますっ。そして今日から応援させてください」などの反響があり、今後の活躍が期待される。

この投稿をInstagramで見る

杉咲花(@hanasugisaki)がシェアした投稿

画像2~5枚目は『松本妃代 2021年4月12日付Instagram「一平たぬき、千代たぬき、描かせてもらいました」、2019年12月20日付Instagram「本日個展初日です」、2020年3月2日付Instagram「#hedgehog #ハリネズミ」』『松岡広大 2021年4月14日付Instagram「○○担だろ?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 4/16 11:43
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます