アートの島♪インスタ映えの宝庫・佐久島に行こう~!!

拡大画像を見る

アートの島として人気を博している三河湾「佐久島」。最近、この島がもつ数々のフォトジェニックな風景が集まっています。そんな愛知が誇るインスタ映えの聖地「佐久島」の王道モデルコースを紹介します。


絶景の『お昼寝ハウス』!海を切り取るシンプルな造形が美しい



佐久島西港から少し歩いた浜辺に佇むアート作品が『お昼寝ハウス』。シンプルな造形と、美しい三河湾のコラボレーションがインスタ映えだと話題になって以降、多くのSNS好きの若者が訪れ、今や佐久島の顔になっています。


島のアイドルヤギに癒される!『ノンとビリー』



それでは『お昼寝ハウス』を後にして、約3km先にある佐久島東港を歩いて目指していきましょう!

中でも立ち寄りたいのは島のアイドルになっている『ノンとビリー』という2匹のヤギです。その名の通り、島の穏やかな雰囲気を象徴する、その可愛らしい姿にはきっと癒されるはず!


まるで生きているみたい!見応え抜群の『カモメの駐車場』



また海水浴場へと辿り着けば『カモメの駐車場』というアートが現れます。潮風に揺らされて、同時に向きが変わるその姿は、まるで生きているよう!島らしい情緒を高めてくれる演出です。


第2のお昼寝ハウス!?『イーストハウス』がフォトジェニック


nishiokanko.com


最後に、東港へゴールする前に立ち寄りたいのが『イーストハウス』!

この作品の特徴は、お昼寝ハウスと正方形という造形は似ているのですが、2つを連結させている点が大きく違います。その伸び伸びと広がるアートの形は、まるで島と島を結ぶこの場所を象徴しているよう。


「佐久島」は絵になる風景が沢山!穏やかな時間にも癒されよう



たった3kmを歩くだけで、数々のインスタ映えスポットを巡ることができ、そして旅情の島旅が楽しめる「佐久島」。涼しくなるこれからのシーズンに、ぜひ1度お出掛けしてみてはいかがでしょうか?

関連リンク

  • 4/16 11:04
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます