【福岡・海底トンネル】海底を歩いて渡る!九州から本州へ

拡大画像を見る

九州と本州をつなぐ関門海峡(かんもんかいきょう)。車や電車での移動だけではないんです!歩いて渡れるトンネルが整備され、海底を歩けちゃうんですよ!


いざ出発!海底トンネル歩きましょう。



関門(かんもん)トンネル人道入口(じんどういりぐち)は、福岡側は門司(もじ)、山口側は下関(しものせき)に設けられています。
トンネルは全長780メートルで、歩行者は無料、自転車・原付は¥20(税込)で手押しで通行できます。(※"北九州市公式観光情報サイト"参照)
ここからエレベーターで海底まで降りていきます。



トンネルは約10分で渡りきれます。ただ歩くだけなのに、ここは海底だと思うとなんだかついつい小走りしたくなるので不思議です。


県境を海底で飛び越えます。



5分ほど歩くと県境の標識が見えてきます。海底で県境を跨ぎます。何度も福岡と山口を行ったり来たりしたり、県境をジャンプしてみたり、楽しくなってきます。



トンネルを渡り終えて、関門海峡と下関を見ると海底を歩いて渡ったんだと、一仕事終えたような達成感さえありました。今回は門司から往復をして、30分程のウォーキングでした。夕日が綺麗な時間帯を狙えば、素敵な旅の写真も撮れますよ。


<スポット情報>
関門トンネル人道
住所: 山口県下関市~福岡県北九州市
電話: 083-222-3738


関門人道トンネル入り口までは、バスのアクセスも可能で駐車場もあるので門司港観光、または下関観光の途中にすぐ寄れるので、観光の寄り道にぜひいかがですか?

関連リンク

  • 4/16 10:47
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます