俺の方こそ悪かった!「彼と喧嘩した時の仲直り」の仕方って?

彼氏とずっとラブラブの長続きカップルになるには、喧嘩したときこそ神対応を見せて早めに仲直りすることが大切です。

喧嘩したときどうすればいいのかわからない……と意外と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?
そこで今回は、彼と喧嘩したときの仲直りの仕方を見ていきます。

(1)「別れる」「嫌い」などの極端な言葉はNG


彼と喧嘩したときは、とにかく感情的になりすぎない冷静さをもつことが重要なもの。
というのも感情的になりすぎると、「もう別れる!」「〇〇君なんて嫌い!」などの極端な言葉を口走ってしまうことが多くなるからです。

喧嘩=別れ話のようにとらえているばかりでは、恋愛は長続きしません。
まずは冷静に話し合うことを意識していきましょう。

(2)少し時間を置いたうえで自分から連絡


喧嘩したときは、しばらく会話せず気まずいままになることも多いでしょう。
ですがこのとき、あまりにも長い間険悪ムードを続けてしまうのはNGです。

頭を冷やす時間としてしばらく時間は置いたうえで、できるだけ自分から連絡を入れましょう。
どんなときでも、大人として自分から折れる姿勢を見せることは大事です。

(3)彼に非があったとしても謝ることが大事


喧嘩したときは、たとえ彼に非があったとしても、自分から謝った方が最終的によい方向に収まることは多いです。
その方が人として好印象になるため、彼もつまらない意地は張りにくくなります。

大人の女性の基本として、それくらいの神対応や余裕を見せていくことは大事にしたいところです。

(4)自分の意思はしっかり伝えて話し合いを


喧嘩したときは、お互いに本音を話して意見を伝え合うことを意識したいですね。
普段は話せない真剣なこともたくさん話せるでしょう。

そんな機会を多く重ねれば重ねるほど、二人の絆はより強くなっていくものです。


彼と喧嘩したときは、しっかり謝ったうえで話し合いを重ねることが重要です。
ぜひ冷静な姿勢を大事にして、彼と長続きカップルを目指していきましょう!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/15 22:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます