幸せへの第一歩♡自分にピッタリな婚活パーティーを見つけるコツって?

拡大画像を見る

 結婚相談所に入会して結婚相手を探すのは、気持ち的にハードルが高く感じますが、婚活パーティーであれば、気軽に参加できると考えている方も、多いのではないでしょうか。婚活パーティーであれば、がっつり「結婚」ではなく、いい相手を見つける場所ですよね。 婚活パーティーにもいろいろな種類があり、ある趣味を持った人たちが集まって、その中からいい人を見つけようとする婚活パーティーもあったりします。今回は、自分に相性ピッタリな婚活パーティーを見つけるためのコツについて、ご紹介していきます。 


自分の趣味を活かすことができるのかどうか

婚活パーティーと聞くと、ホテルのパーティー会場を貸し切って、ビュッフェ形式での食事を楽しみながら、男女で会話をしてなかを深めたり、相性のいい相手を探すというイメージも強いですが、最近では形も変わってきて多様化されています。 春になったらお花見をしながらの婚活パーティーがあったり、秋の時期になったら紅葉狩りという名前の婚活パーティーも開かれます。他にもいろいろあり、スキー場で婚活パーティーをしたり、釣りをした後にバーベキューをするというものあるようです。  マニアックな婚活パーティーだと考えるのは簡単ですが、自分の趣味を活かせるような婚活パーティーが無いのかという捉え方にしてみてください。共通の趣味を持った男性と出会うこともできるかもしれません。 


主催はどこなのか確認する

婚活パーティーは、結婚相談所や、イベント会社だけが定期的に開催している印象も強いですが、それだけではなく、いろいろなところが開いている場合もあります。自治体が主催の場合、近場から参加者を集めるので、公務員や消防団が多く出席しています。 安定した給料をもらえて、安定した生活を望んでいるのであれば、自治体が主催となっている婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか。自治体の婚活パーティーは、あまり代り映えしないので、何回行っても同じような人しかいないということもありえます。  多くの男性とであって、会話をしてみて、その中から自分にあった人を選びたいという気持ちをもっていると、婚活パーティーのバリエーションが豊富となっている民間業者が主催している婚活パーティーに参加してみてください。 


婚活のコストにも目を向ける

婚活パーティーは女性の参加費が男性に比べて圧倒的に安いですよね。参加費が安いという理由で、婚活パーティーをメインにして出会いを求めているという方も、多いのではないでしょうか。  結婚相談所で登録してから婚活パーティーに参加するときは注意が必要となります。結婚が決まったときに成婚料を請求されてしまう場合もあるので、気を付けましょう。 


婚活パーティーは多様化している

最近では本人だけではなく、親同伴で参加することのできる婚活パーティーも開催されてします。自分だけではなく、親の目線からも相手のことを見てもらい、判断するということです。 親の意見を聞きながら婚活パーティーに参加することで、自分だけの意見ではなく信頼できる親からの意見も聞けます。ステキな男性に巡り合えるかも知れません 。 


まとめ

婚活パーティーに参加するなら、ステキな男性と出会いたいですよね。行動を起こしてみることによって可能性は広がるので、ご参考にしてみてください。 (ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 4/16 9:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます