新垣結衣、NHK大河『鎌倉殿の13人』発表に激アツ「香取慎吾フィーバー」

拡大画像を見る

 新垣結衣(32)が、ついに大河デビューを果たすことになった。4月15日、2022年放送予定のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のキャスト発表が行われ、新垣と佐藤浩市(60)、西田敏行(73)の3人の出演が明らかになった。新垣にとっては、大河ドラマも三谷幸喜(59)作品も初めての参加となる。

 新垣が演じるのは、主演・小栗旬(38)演じる北条義時の初恋の人にして、源頼朝(大泉洋)の最初の妻となる八重(やえ)。佐藤浩市は坂東武士団で、最も頼りになり最も危険な男・上総広常(かずさ・ひろつね)役を、西田敏行は源平を翻弄する後白河法皇(ごしらかわほうおう)役を、それぞれ演じる。新垣以外の2人は、大河も三谷作品も常連だけに安定感のある演技を見せてくれることだろう。

 新垣は今回の出演について、

「辛い宿命を抱えながらも心に宿した愛を生涯失うことがなかった、ある意味では秘めた強さを持った女性なのではないかと想像します。諸説あるなか、断片的ではありますが八重の人生を知ったとき微かに胸が震えるような気がしました。

 今作での八重がどのように色付けされるのか楽しみにしています。大河ドラマ、そして三谷幸喜さん脚本の作品への出演は初めてになります。三谷さんが『新しい大河をつくりたい』と会見でおっしゃっていて、どんなことになるのかますます予想もできません。それもすべて楽しみながら真摯に向き合っていけたらと思います」

 と、意気込みを語っている。

■大泉と2度目の夫婦に

「意外にも、新垣は今回発表された佐藤、西田両名ともにドラマや映画で共演したことがありません。ただ、西田は18年に行われた第41回日本アカデミー賞の授賞式で司会をしていたので、そこで新垣と言葉をかわしてはいますね。

 また、既に出演が告知されているキャストとは共演したことがある人が多く、その旨も新垣はコメントしていますね」(女性誌記者)

 新垣は、

「主演の小栗旬さん、小池栄子さん、大泉洋さんは以前も共演させていただいたことがあり、八重にとっても大きく関わってくる役どころを演じられるので、またご一緒できることがとても嬉しいです」

 と、コメント。

「小栗とは09年のドラマ『スマイル』(TBS系)で共演したことはありますが、当時は別々のシーンが多く、深く絡んでいたわけではありません。今回は役柄的に、密接に演じることになるでしょう。また、大泉とガッキーの共演がまたしても……という驚きがありますね」(前同)

 今回の『鎌倉殿』で夫婦となるはずの大泉と新垣だが、14年の映画『トワイライト ささらさや』で、同じく夫婦を演じているのだ。ちなみに、『トワイライト』は新垣が初の“母親”を演じた作品としても知られている。

「『ささらさや』は、死んだものの成仏できない夫(大泉)が様々な人物に乗り移り、未亡人となてしまった妻のサヤ(新垣)を助けるファンタジーミステリー作品。大泉は新垣の出産後すぐ、交通事故で亡くなる、という設定でしたが、今回は新垣のほうが先に……という展開になるかもしれません。新垣演じる八重姫は、史料が少なく晩年がはっきりしないんですよね。ただ、解釈次第では長命説もあり得ますから、はたしてどうなるのか……」(前同)

■小池とも夫婦経験のある大泉

 三谷は04年の大河ドラマ『新選組!』でも、「近藤勇、坂本龍馬、桂小五郎が江戸で知り合っていた」という大胆な脚色をくわえている。斬新な解釈に今から期待したい。

 今回、新垣が役者として新境地を迎えるのは間違いないという。

「謎が多い八重姫ですが、『曽我物語』によれば、“3歳の息子が残酷な方法で処刑される”とされていて、末路も“その後も源頼朝を慕い、5人の侍女と自害した”という説がある。とにかく悲劇的なエピソードで知られる人物です。役者として転換期を迎える30代前半の“ガッキー”が、いかにこのキャラをドラマチックにやれるか。きっと新垣も気合いが入っていることでしょう」(制作会社関係者)

 また、新垣は北条政子を演じる小池栄子と先述の『スマイル』や、新垣の代表作で『リーガルハイ』(フジテレビ系)で共演している。

「今回の『鎌倉殿』では“大泉と新垣は結婚するも悲劇に終わり、小池と再婚する”ということに、史実通りではなりますね。実は大泉と小池は19年の映画『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』で“結婚”したことがあるんです。戦後間もない時代にダメ男の大泉と金にがめつい小池が偽装結婚して、紆余曲折を経て最後の最後で真実の愛を……という名作です」(前同)

 小池演じる北条政子は“女傑”として知られていることから、

《おのれ大泉洋…ガッキーを娶るとか…小池栄子にとことん虐められてしまえ…》《新垣結衣と大泉洋がいちゃついてるところに乱入する小池栄子が見れる可能性が微粒子レベルで存在しておる……?》《小池栄子と大泉の夫婦漫才も観たい》

 などなど、すでにウェブ上では多くの反響が寄せられている。

■三谷作品の常連・香取は出るのか

 また、佐藤浩市、西田敏行といった“三谷組”の出演が報じられたことで、がぜん期待が高まっているのが、「香取慎吾出演説」である。昨年8月18日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)は、「香取の出演がほぼ内定している」と報じている。

「香取は04年の『新選組!』では主演を務めているし、昨年9月18日配信の『誰かが、見ている』(Amazonプライムビデオ)や、15年公開の映画『ギャラクシー街道』、06年公開の映画『THE 有頂天ホテル』などなど、多くの三谷作品に出演し続けています。

 それだけに、香取には『鎌倉殿』に何らかの形で出演するのではないか、と言われていますね」(専門誌記者)

 本作には、北条義時(小栗旬)の盟友である三浦義村を演じる山本耕史(44)や、平清盛を演じる松平健(67)といった、香取と親交の深い役者も出演している。香取は松平の名曲『マツケンサンバ』のパロディである『カツケン』としてたびたび一緒に歌っていたのは、記憶に新しい。

 山本も、『新選組!』で共演した際に香取に猛アタックを仕かけ、芸能界でほとんど唯一の親友と呼べる間柄なのは有名な話だ。

「最近では、今年1月クールのドラマ『アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~』(テレビ東京系)でライバルの刑事として山本と共演し、3月15・26日には香取のYouTubeチャンネルで2人きりの打ち上げトークを楽しむ様子が投稿されました。松平とも、今年1月15日に『マツケンTube』にて、“マツケンとカツケン”としてコラボしていましたね」(前同)

 三谷作品は、大物俳優を名無しの端役として使うことも珍しくない。ありとあらゆるパターンでの香取の出演も十分に考えられる。

 大ニュースとなった、今回の新垣の大河出演発表。香取出演の発表も、早く聞きたいところだが……。

関連リンク

  • 4/16 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます