いざ、焼肉の新境地へ…!食通を虜にする、スパイス際立つ個性派焼肉

焼肉店がひしめく三宿エリアにあって、唯一無二の存在感を放つのが『焼肉ケニヤ』。

なかなかお目にかかれない斬新なメニューが揃い、食通の舌をとらえている。

焼肉の新境地を見出してくれるだろう1軒だ!

▶「三宿」特集の前回:窯焼きピッツァのレジェンド的存在!ゆっくりと語らいたい日常のデートに寄り添うイタリアン


焼肉店が点在する三宿界隈で、「個性が突き抜けている」と食好きを虜にしているのが『焼肉ケニヤ』。

古民家を改装した風情ある雰囲気と、斬新なメニューのギャップが魅力だ。

常連客の心を掴んでいるのは、何といっても巷の焼肉店とは一線を画すそのラインナップ。

例えば、焼物はスパイスの複雑な旨みが口中で爆発する仔羊、一品料理はフムスにガスパチョまでそろえる。

名物のミックスホルモンは、特製スパイスに漬けこんだホルモンの風味に、焼肉の新境地を見出すこと必至。

ランブルスコやシェリーソーダとともに味わえば、感度の高い大人に愛されるその実力を体感できるはず!


「仔羊もも チュニジアスパイス」1,800円。

柔らかいラム肉に、10種以上のスパイスをブレンドしたオリジナルの“中東MIXスパイス”を、たっぷりとまぶして。


「ミックスホルモン4種」1,900円。

ミノサンド、ハツ、シマチョウなど、焼肉店でおなじみのホルモンのほかに、リードヴォー(胸腺)といった希少部位も。

鮮度にこだわり、入念な下処理を施す。


1階は気軽に飲めるスタンディングスペース、2階はレトロな雰囲気のテーブル席。

春の夕暮れどきは大きな窓から爽やかな空気が吹き込み、開放感もひとしお。


“ノスタルジックな空間とスパイシー焼肉の虜!”

枠にハマらない斬新なメニューは、眺めているだけでわくわくします。

僕が絶対頼むのが、ピリッとした辛さがクセになる「黒コショウカルビ」1,600円。脂っこいものが苦手になってきた今でも、ここのカルビは特別。


▶NEXT:Next:4月17日配信予定 三宿の人気店『サモワール』

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、2021年3月19日時点の情報です。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/16 5:03
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます