宇垣美里、仕事・恋愛・大切な人との別れ語る フォトエッセイ「愛しのショコラ」決定

【モデルプレス=2021/04/16】フリーアナウンサーの宇垣美里が、6月2日に宇垣がこよなく愛するチョコレートをテーマにしたフォトエッセイ「愛しのショコラ」(KADOKAWA)を刊行する。

◆宇垣美里、チョコレートを通して人生語る

「地球がおしまいになるその瞬間、口に含んでいるものは、チョコレートがいいな、と思う」(本文より)というくらい宇垣にとって特別なものである「チョコレート」。

学生時代や就職活動中の思い出、仕事や恋愛、大切な人との別れなど、人生のさまざまなシーンについて、チョコレートを通して綴っている。

グラビアのテーマももちろんチョコレート。ボンボンショコラやカラフルなエクレア、艶やかなザッハトルテなど、チョコレートと宇垣さんの美しい撮りおろしカットが満載。

宇垣の前向きでパワフルなマインドと「チョコレート愛」が詰まった、元気と癒しをもらえる1冊となっている。(modelpress編集部)

◆宇垣美里コメント(「はじめに」より)

これはチョコレートへのラブレターです。

ひとつひとつのチョコレートについて考えれば考えるほど、それぞれに紐づいた記憶が花開き、いつの間にかその頃の私を救ってくれた大好物への恋文になってしまいました。

フォトエッセイは二冊目となりますが、今回はチョコレートというお題があった分、その瞬間に思っていたことというよりは、これまでの道のりを振り返って見えたものについての本になったのではないかなと思います。

読むときはぜひ、あなたのお気に入りのチョコレートをお供に選んでいただければ幸いです。

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 4/16 5:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます