豊川稲荷の参道で新感覚の名物を発見!

拡大画像を見る

女子アナ47の菊池優です。


愛知県豊川市の豊川稲荷


元西日本放送・元テレビ愛知アナウンサーの菊池優です。栃木県出身で「とちぎ未来大使」「栃木市ふるさと大使」を務めています!現在は名古屋在住で、東海地方を中心にフリーアナウンサーをしています。


jana47.com


日本三大稲荷の一つ、愛知県豊川市にある豊川稲荷

お正月にはもちろん多くの初詣客で賑わいます。

ちなみに京都の伏見稲荷とこの豊川稲荷は三大稲荷として名前が出ますが、もう一つは地域によってさまざまあるようです。地域差が出るのも面白いですよね。

実は「豊川稲荷」というのは正式な名前ではないんですよ。
正式には妙厳寺(みょうごんじ)という寺院なんです。
境内に祀られる「豊川吒枳尼真天(だきにしんてん)」の稲穂を担いだ姿などから、一般的に「豊川稲荷」の名前で呼ばれるようになったそうです。
商売繁盛などを願って年間約500万人が訪れています


jana47.com


参道で発見した新名物「アゲット」


その豊川稲荷の参道にはさまざまなお店が軒を連ねています。

「稲荷」だけあって、いなり寿司を提供しているお店が多いんです!
しかも、変わりダネのいなり寿司がたくさんありました。

そんな中で気になった和食処松屋さんが発売している変わりダネのいなり寿司??をゲットしました!


jana47.com


その名も「アゲット」。

店内のイートインスペースで食べることもできますし、そのまま食べ歩きもできます。店内で落ち着いて食べることにしました。


jana47.com


パッと見てボリュームがすごいのが分かると思います。

揚げ物にソースとマヨネーズがかかっていますね。これを挟んでいるのが、パンではなく「油揚げ」なんです。


アゲットを食べてみた


jana47.com


「アゲット味噌カツ」(500円)。

大きなお揚げがパリパリに焼いてあって香ばしい!味噌カツは薄いので食べやすいです。
野菜もたっぷりでボリュームもバツグン!女性なら1つでお腹いっぱいになると思います。
中身がパンパンなので、食べるときはソースがこぼれないように気をつけて下さいね。

お揚げと言えば中身は米だけという概念を覆す逸品。今までにありそうで無かった新メニューで、これは画期的!

しかし!!これは「いなり寿司」なのです。
中に少しごはんが入っていました(笑)

そんなビックリも嬉しいスパイスです。

アゲットには他のラインナップもあります。

炙りポークアゲット、チキンカレーアゲット、タコのから揚げアゲット…。
全て500円のワンコインなのも嬉しいですね。

もちろん普通のいなり寿司もあるので、併せて食べたりお土産に購入するのも良いと思います。


初詣のお供にどうぞ!


豊川稲荷の参道では他のお店でも変わり種のいなり寿司を販売しています。

私はアゲットだけでお腹いっぱいになってしまったので食べ歩きは断念してしまいました。他のお店と食べ歩きをしたい方は、お腹に余裕をもってお出かけください!

まもなく新年を迎えます。
豊川稲荷の初詣は毎年ものすごい人出です。
行かれる方はアゲットをゲットして、幸せもゲット!?してみてはいかがでしょうか。
お腹の幸せはゲットできますよ。

初詣のお供に変わり種のいなり寿司はいかがでしょうか?

関連リンク

  • 4/16 2:43
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます