【大井・エイプリル賞結果】マグナレガーロが人気に応えて圧勝

拡大画像を見る

 15日、大井競馬場で行われたエイプリル賞(特別・ダ1800m)は、2番手からレースを進めた森泰斗騎手騎乗の1番人気マグナレガーロ(牡6、大井・藤田輝信厩舎)が、3番手でレースを進めた4番人気ジョーグランツ(牡6、浦和・小久保智厩舎)に7馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分52秒2(重)。

 さらに4馬身差の3着に好位から脚を伸ばした2番人気アベニンドリーム(牡4、大井・荒山勝徳厩舎)が入った。なお、3番人気マイネルアンファン(牡6、大井・宗形竹見厩舎)は6着に終わった。

 勝ったマグナレガーロは、父キングカメハメハ、母リビアーモ、その父アドマイヤベガという血統。今回が中央からの転入初戦だったが、単勝1.2倍の圧倒的支持に応えて見事圧勝。今後に期待が掛かる強い勝ちっぷりだった。

関連リンク

  • 4/15 20:40
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます