眼球タトゥーをした26歳女性、目に障がいが残るも「タトゥーは続ける」(米)

拡大画像を見る

米テキサス州エルパソ在住のサラ・サバスさん(Sarah Sabbath、26)がタトゥーを入れ始めたのは、まだ14歳の時だった。サラさんは歯並びが悪いことや毛深いこと、また太い眉毛をからかわれ、学校ではいつもいじめの対象になっていた。

しかしタトゥーを入れたことはサラさんに自信を与え、20代初めには頭のてっぺんから足のつま先までタトゥーに覆われた。

サラさんは「これまでにタトゥーに約33万円(3000ドル)~44万円(4000ドル)くらい費やしているわ。でも全く後悔はないの。タトゥーは自己表現の一つだと思っているし、『タトゥーを入れてこそ真の自分だ』と感じることができるのよ。それにタトゥーの痛みに耐えられる自分は強いと思えるの。以前よりも良い人間になってるって気もするしね」とタトゥーに心底惚れ込んでいることを明かした。

そんなサラさんが最も気に入っているタトゥーの1つは、紫がかったピンク色の眼球だというが、実はタトゥーの施術直後は何も見えない状態に陥ったそうだ。

サラさんは眼球のタトゥーについて、次のように説明している。

「施術をしたタトゥーアーティストはインクと生理食塩水の分量を間違えて、生理食塩水の量が足りないまま私の眼球に液体を注入したの。その後は一時的に視力を失って、私は何をすることもできなかった。」

「テレビを見ることも、光がまぶしくて外出することもできず、何も手につかなかった。精神的にかなり滅入ってしまったの。結局は眼科に行って点眼液を処方してもらったんだけど、施術前の目に戻ることはなかったわ。」

「ただ仕上がりはとても気に入っているの。だから障がいは残っても後悔はしていないわ。だって私の身体のタトゥーの全てには背景があり、意味があるの。自分自身を知るうえでも、タトゥーは欠かせないものなのよ。」

ただサラさんを見る人の目は決して温かいとは言えないようで、「タトゥーだらけの私を見て、『お高くとまってる』とか『教育を受けていないんじゃないか』とか『犯罪者なのでは?』とか言われることもあるわ」と明かす。それでも「人それぞれ考え方が違うし、他の人がどう思うかについて反論するつもりはないわ。私のように全身にタトゥーを入れる度胸がある人なんて、そうはいないでしょうしね」と語り、「これからもタトゥーを止めるつもりはないわ」と断言した。

最近のサラさんはボーイフレンドにタトゥーの施術をしてもらっているそうで、「今後は自分の顔にもっとタトゥーを入れるつもりよ。だってタトゥーが私の盾となってくれるから。タトゥーは私の人生であり、私の一部なのよ」と力強く語った。

ちなみに、サラさんのように眼球にタトゥーを入れたことで失明してしまった女性もいる。この女性の場合、タトゥーアーティストが目には使用できないボディ用の黒インクを使用し、右目を失明。左目も失明の危機に晒された。

画像は『Sarah 2019年11月27日付Instagram「Beat da face like a cute little fairy」、2019年8月30日付Instagram「Lmao my dad came up to me showing me this picture」、2020年11月8日付Instagram「Subtle make up」、2020年5月23日付Instagram「Grumpy fairy」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

関連リンク

  • 4/15 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 脱走兵

    4/16 2:34

    誰にどう言われようと本人が幸せならそれでいいじゃない。わざわざソレを発信して世間の反応を見たりするのはその幸せに自信が無いから?『いいね』がもらえないと確認できない程度の幸せなの?

記事の無断転載を禁じます