秋薔薇が見頃♡駒込・旧古河庭園で英国風のおしゃれな空間にひたる秋

拡大画像を見る

東京都北区にある旧古河庭園をご存知ですか?大正時代に建てられた英国風の洋館と、テイストの違う和と洋の庭園を一度に楽しむことができる、都内屈指の癒しスポットなんです!都立文化財9庭園にも指定されている、旧古河庭園をご紹介いたします。


石造りの洋館!大谷美術館



旧古河庭園に入って初めに目に入るのが、おしゃれな石造りの洋館、大谷美術館です。英国貴族の邸宅にならって建てられた古典様式の建築は、鹿鳴館などを手掛けた英国人建築家ジョサイア・コンドルの設計のもの。館内見学ツアーも実施されています。


季節の花が楽しめる♪洋風庭園



大谷美術館と同様、英国人建築家ジョサイア・コンドルが設計した洋風庭園。年間を通してスイセン、サクラ、バラやモミジなど、様々な季節の植物を楽しむことができます。特に春と秋は薔薇が美しく、バラフェスティバルやガーデンのライトアップなどのイベントも開催されています!


池や滝も楽しめる!自然が美しい日本庭園



美しい心字池を中心にゆるやかな曲線で築かれた日本庭園。敷地内に茶室や滝などもあり、秋は紅葉を楽しむことができます。水を使わないで山水の景観を表現する「枯山水」で表現された『枯滝』、濃い樹林の奥にあり「深山幽谷」の趣きのある『大滝』、池を眺める要となる『船着石』などを巡り、散策するのも気持ちがいい!


薔薇のアイス



敷地内売店で、薔薇の花が入ったアイスが販売されています。HIROTAとコラボしたシューアイスも!華やかな薔薇の香りがする、さっぱりとした風味のアイス。木陰のベンチに座って、薔薇や洋館を眺めながら食べるのは最高に贅沢です。売店では他にも薔薇のハンドクリームやジャムやケーキなど、お土産を買うこともできますよ!

関連リンク

  • 4/15 21:15
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます