乃木坂46・筒井あやめ&秋田汐梨『目頭を押さえた』新ビジュアル公開

 乃木坂46の4期生・筒井あやめと女優の秋田汐梨がダブル主演を務める舞台『目頭を押さえた』の新ビジュアルが公開された。

 本作は、伝統的に林業を生業としてきた関西圏の山間のとある集落を舞台に、写真家としての才能を開花させていく高校3年生の遼と、その仲良しの従姉妹で同級生の修子の二人を軸に、その家族や教師たちの人間模様を描いた作品。2012年の初演以来、横山拓也が主宰する劇団iakuでも繰り返し上演されてきた。伝統と新しいもの、田舎と都会、平凡と非凡、死と生といった正反対の価値観が混在する中で、その間(あわい)を揺れ動く人物たちの葛藤に胸を揺さぶられる真摯(しんし)な人間ドラマだ。

 ダブル主演を務めるのは、乃木坂46の最年少メンバーとして唯一無二の存在感を放ち、グループのドラマやコントで光るセンスを見せる筒井と、Seventeenモデルとして活躍しつつ、話題作への出演が続き、確かな演技力で注目されている秋田。共に単独舞台出演は初となる。仲良しの従姉妹同士で高校の同級生という役柄を10代の二人がみずみずしく表現する。また、二人の関係に大きくかかわるキーパーソンの教師役に、舞台俳優としての実力を高く評価されている林翔太。ほかに、梶原善、山中崇、枝元萌、橋爪未萠里、大西由馬とった実力派がそろった。

 今回公開された新ビジュアルは、高校生役の筒井と秋田が制服姿で、教師役の林らと共に食卓のテーブルを囲んでいるというもの。カメラが上から全員を見下ろしたような構図のものとなっている。

 『目頭を押さえた』は東京芸術劇場・シアターイーストにて6月4日〜7月4日に上演。7月6日、7日に大阪・サンケイホールブリーゼにて上演。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 4/15 17:00
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます