見た目も中身もイケメンすぎるハリウッド俳優たち♡《次回出演作情報も!》

拡大画像を見る

映画界で活躍する今をときめく華々しいイケメン俳優達。演技力やビジュアルに加え、実はその内面も超素敵!順位をつけることが心苦しいですが、筆者が特に素敵だと思ったロバート・パティンソン、タロン・エジャトン、ビル・スカルスガルド、ティモシー・シャラメの4人のイケメンエピソードと次回出演作情報を紹介します♡

①『ザ・バットマン』にも期待!美形男子ロバート・パティンソン

HOLLYWOOD, CALIFORNIA - OCTOBER 27: Robert Pattinson attends the Academy Of Motion Picture Arts And Sciences' 11th Annual Governors Awards at The Ray Dolby Ballroom at Hollywood & Highland Center on October 27, 2019 in Hollywood, California. (Photo by Steve Granitz/WireImage)

ロバート・パティンソン(Robert Pattinson)
1986年5月13日生まれ(34歳)
イギリス・ロンドン出身
身長:185cm
主な出演作品:映画『トワイライト』シリーズ、Netflixオリジナル映画『悪魔はいつもそこに』(2020年)、映画『グッド・タイム』(2017年)、映画『TENET/テネット』(2020年)など
次回出演作品:『ザ・バットマン』(2022年公開予定)

ここがイケメン:自身をイケメンと思っていないところがイケメン

HOLLYWOOD, CA - JUNE 13: Actor Robert Pattinson attends Magnolia Pictures' 'Damsel' Premiere at ArcLight Hollywood on June 13, 2018 in Hollywood, California. (Photo by Axelle/Bauer-Griffin/FilmMagic)

ロバートと言えば、映画『トワイライト』シリーズのエドワード役や『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)でのセドリック役が印象深く、イケメンの役を演じることも多い俳優。
ですが、ロバート自身は自分のことをイケメンとは思っていないのだそう。

「アルーア誌」に対してロバートは『ハリポタ』でかっこいい役を簡単に手に入れたことにショックすら覚えたんだとか。
『トワイライト』終了後は毎日ビールを飲み、ぽっちゃりした赤ちゃんみたいな体型になったことも告白。
360度どこからどう見てもかっこいいロバートですが、自分自身を魅力的に思っていないところが逆に魅力的ですよね。

ロバート・パティンソン出演オススメ作品『TENET/テネット』

ある男(ジョン・デヴィッド・ワシントン)にミッションが課せられる。それは、人類がずっと信じ続けてきた現在から未来に進む時間のルールからの脱出。時間に隠された秘密を解き明かし、第三次世界大戦を止めるというものだった。ミッションのキーワードは『TENETテネット』。名もなき男が突如巻き込まれた国家を揺るがす任務の行方は……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/93471

TENET テネット

TENET テネット

2020年/アメリカ=イギリス/150分

作品情報 / レビューはこちら

『TENET テネット』(2020年9月上映)
監督:クリストファー・ノーラン
ジャンル:アクション
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、ロバート・パティンソン、エリザベス・デビッキ、アーロン・テイラー=ジョンソンほか

2022年公開映画『ザ・バットマン』でブルース・ウェイン/バットマンを演じる

『ザ・バットマン(原題:The Batman)』
公開日:2022年公開予定
監督:マット・リーヴス
出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ゾーイ・クラヴィッツ、アンディ・サーキスほか

ザ・バットマン

ザ・バットマン

2021年/アメリカ

作品情報 / レビューはこちら

②『キングスマン』で大ブレイクを果たしたタロン・エジャトン

LONDON, ENGLAND - FEBRUARY 10: Taron Egerton attends the EE British Academy Film Awards at Royal Albert Hall on February 10, 2019 in London, England. (Photo by Gareth Cattermole/Getty Images)

タロン・エジャトン(Taron Egerton)
1989年11月10日生まれ(31歳)
イギリス・バーケンヘッド出身
身長:175cm
主な出演作品:映画『キングスマン』(2014年)、映画『ロケットマン』(2019年)、映画『フッド:ザ・ビギニング』(2018年)、映画『ビリオネア・ボーイズ・クラブ』(2018年)など
次回出演作品:映画『テトリス:ザ・ムービー』(Apple TV+にて配信予定)

ここがイケメン:名前を間違われても大丈夫?

SANTA BARBARA, CALIFORNIA - JANUARY 18: Taron Egerton speaks onstage at the Virtuosos Award presentation during the 35th Santa Barbara International Film Festival at Arlington Theatre on January 18, 2020 in Santa Barbara, California. (Photo by Rebecca Sapp/Getty Images for SBIFF)

媒体での表記や人によって発音が変わってしまう「Egerton」という苗字。
エガートンなのか、エジャトンなのかどっちで呼べばいいんだろう?と思う方も少なくないはず。
筆者もエガートンと表記することが多かったのですが、正解の発音は「エジャトン」。
タロン本人も「エガートン」と間違えて発音されることが多いと米BuzzFeed Celeb内での動画で明かしましたが、自分ではどうすることも出来ないので指摘はしないと告白しました。
間違いを指摘するのが好きではないという優しい性格のタロン。ルックスも内面もイケメンすぎてますます惚れてしまいそうになりますね。

タロン・エジャトン出演オススメ作品『フッド:ザ・ビギニング』

イングランド。ノッティンガムの広大な屋敷に暮らす若き領主ロビン・ロクスリー(タロン・エガートン)は、子どもの頃から苦労を知らずに生きてきた。だが、一通の徴兵通知がそんな彼の運命を大きく変える。十字軍に加わり、遠い異国で厳しい戦いを経験することになったのだ。4年後、上官に反抗したことで帰国を余儀なくされたロビンは、自分は戦死したことにされ、領地も財産もすべて没収。恋人も領民も、鉱山に追放されていたことを知る。どん底に落ちたロビンは、戦地では敵だった最強戦士ジョンに導かれ、腐敗した政府にたった2人で反逆を開始する。頭巾=フッドで顔を隠したロビンは、政府から金を盗み、それを領主として献上し、権力のトップに潜入。やがて、貧しい者に金を配ったロビンは、民衆の代弁者“フッド”として、人々の心を掴んでいくが……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/92283

フッド:ザ・ビギニング

フッド:ザ・ビギニング

2018年/アメリカ/116分

作品情報 / レビューはこちら

『フッド:ザ・ビギニング』(2018年公開映画)
監督:オット・バサースト
ジャンル:アクション
出演:タロン・エガートン、ジェイミー・フォックス、イヴ・ヒューソン、ベン・メンデルソーンほか

次回出演作で『テトリス:ザ・ムービー』でテトリスの創設者ヘンクを演じる

『テトリス:ザ・ムービー』(配信日未定)
配信サイト:Apple TV+
監督:ジョン・S・ベアード
出演:タロン・エジャトンほか

③『IT/イット』のペニー・ワイズ役!ビル・スカルスガルド

WESTWOOD, CALIFORNIA - AUGUST 26: Bill Skarsgard attends the Premiere of Warner Bros. Pictures' "It Chapter Two" at Regency Village Theatre on August 26, 2019 in Westwood, California. (Photo by Jean Baptiste Lacroix/WireImage)

ビル・スカルスガルト(Bill Skarsgard)
1990年8月9日生まれ(30歳)
スウェーデン・ストックホルム出身
身長:192cm
主な出演作品:映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(2019年)、Netflixオリジナル映画『悪魔はいつもそこに』(2020年)、ドラマ『ヘムロック・グローブ』(2013年~2015年)、映画『アトミック・ブロンド』(2017年)など
次回出演作品:映画『The Things They Carried(原題)』(公開日未定)

ここがイケメン:『IT』撮影時には子役にも優しかったビル

スタイル抜群のビル!

HOLLYWOOD, CA - SEPTEMBER 05: Actor Bill Skarsgard attends the premiere of Warner Bros. Pictures and New Line Cinema's "It" at the TCL Chinese Theatre on September 5, 2017 in Hollywood, California. (Photo by Neilson Barnard/Getty Images)

映画『IT』シリーズでおぞましい恐怖のピエロ・ペニー・ワイズを演じ、大ブレイクを果たしたビル・スカルスガルド。
ペニー・ワイズを演じているのが、まさかこんなに美しい男性だったとは…!と世界に大きな衝撃を与えました。
身長も192cmと非常に高くスタイルも抜群。一時期はモデルとしても活動しており、母国であるスウェーデン発の人気ブランド「H&M」の広告モデルになったことも。

そんな美形のビル、『IT』の撮影中でのイケメンエピソードが。
映画では多くの子供たちが登場する内容となっており、ペニー・ワイズが子役たちに恐怖を与えているのではと心配していたことがありました。
過激なシーンの撮影後、ビルはエディ役のジャック・グレイザーに「平気?」と尋ねて優しく気遣ってくれてたのだそう。
その心遣い、素敵ですよね。
ちなみにジャック・グレイザーはビルの演技が興奮するほど最高だったと大絶賛したのだとか。

NEW YORK, NY - MAY 02: Bill Skarsgard attends the Hulu Upfront 2018 Brunch at La Sirena on May 2, 2018 in New York City. (Photo by Bryan Bedder/Getty Images for Hulu)

ビル・スカルスガルド出演オススメ映画『悪魔はいつもそこに』(Netflix)

『悪魔はいつもそこに』(2020年配信)
ジャンル:サスペンス・スリラー、
監督:アントニオ・カンボス
出演:トム・ホランド、ビル・スカルスガルド、セバスチャン・スタン、ヘイリー・ベネット、ライリー・キーオ、ロバート・パティンソンほか

戦後の腐敗と暴力にまみれた田舎町。愛する者を守ろうともがく青年の周りで、邪悪な人間たちの思惑が渦を巻く。

出典元:https://www.netflix.com/jp/title/81028870

次回出演作は映画『The Things They Carried(原題)

映画『The Things They Carried(原題)』
公開日:未定
原作:「本当の戦争の話をしよう」
出演:トム・ハーディ、ビル・スカルスガルド、タイ・シェリダン、ステファン・ジェームズ、アシュトン・サンダース、マーティン・センズメアーほか

④圧倒的な美しさとかっこよさ!ティモシー・シャラメ

SYDNEY, AUSTRALIA - OCTOBER 10: Timothee Chalamet attends the Australian premiere of THE KING at Ritz Cinema on October 10, 2019 in Sydney, Australia. (Photo by Don Arnold/WireImage)

ティモシー・シャラメ(Timothee Chalamet)
1995年12月27日生まれ(25歳)
出身:アメリカ合衆国ニューヨーク州出身
身長:178cm
主な出演作品:映画『君の名前で僕を呼んで』(2017年)、映画『レディ・バード』(2017年)、映画『キング』(2019年)、映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(2019年)など
次回出演作品:映画『DUNE/デューン 砂の惑星』(2021年公開)

ここがイケメン:ファンにも神対応!内面もイケメン

PARIS, FRANCE - DECEMBER 12: Timothee Chalamet attends the

圧倒的な美しさとイケメンっぷりを放ち、若手俳優陣の中でも群を抜いたビジュアルで人気を博しているティモシー・シャラメ。
続々話題作に出演し続け、快進撃を見せているティモシーはそのビジュアルだけでなく中身もイケメン。
偶然にも飛行機で隣に座った一般の女性と気さくに会話し、なんと自撮りまで応じてくれたティモシー。
プライベートの時間でありながら、嫌な顔一つもせずに“神対応”のファンサービスを見せたティモシーのイケメンすぎる性格には思わず惚れ惚れしてしまいますね♡

ティモシー・シャラメ出演オススメ作品『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』

大学生カップル、ギャツビー(ティモシー・シャラメ)とアシュレー(エル・ファニング)は、ニューヨークでロマンチックな週末を過ごそうとしていた。アシュレーが学校の課題で、著名な映画監督ローランド・ポラード(リーヴ・シュレイバー)にマンハッタンでインタビューをするという。生粋のニューヨーカーであるギャッツビーは、アリゾナ生まれのアシュレーに街を案内したくてたまらない。ギャッツビーは、自分好みのクラシックなスポットを巡るため、様々なプランを考えていた……。一方、ニューヨークに到着して早速、監督へ取材を行ったアシュレーはポラードから新作の試写に誘われ、ギャツビーとの約束をキャンセル。脚本家のテッド・ダヴィドフ(ジュード・ロウ)や、人気俳優のフランシスコ・ヴェガ(ディエゴ・ルナ)と出会い、「最高の一日だわ」と興奮するばかり。そんななか、ギャツビーは、学生映画を撮影中の旧友に偶然再会。元恋人の妹であるチャン(セレーナ・ゴメス)とのキスシーンにエキストラとして参加し、熱い口づけを交わしてしまう……。

出典元:https://eiga-board.com/movies/93932

レイニーデイ・イン・ニューヨーク

レイニーデイ・イン・ニューヨーク

2019年/アメリカ/92分

作品情報 / レビューはこちら

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』
公開日:2020年
ジャンル:ロマンス、コメディ
監督:ウディ・アレン
出演:エル・ファニング、ティモシー・シャラメ、ケリー・ローバッハ、ジュード・ロウ、レベッカ・ホール、スキ・ウォーターハウス、セレーナ・ゴメスほか

次回出演作はゼンデイヤらと共演!映画『DUNE/デューン 砂の惑星』

『DUNE/デューン 砂の惑星』
公開日:2021年秋
ジャンル:アドベンチャー、SF
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ティモシー・シャラメ、レベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザック、ジョシュ・ブローリン、ゼンデイヤ、ジェイソン・モモアほか

DUNE デューン 砂の惑星

DUNE デューン 砂の惑星

2020年/アメリカ

作品情報 / レビューはこちら

関連リンク

  • 4/14 17:50
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます