宮迫博之、YouTuberとしては安定しすぎ? ネットニュースに言及をしないと話題にならないジレンマ

拡大画像を見る

 チャンネル登録者数は140万人を突破し、YouTuberとしての人気も安定している雨上がり決死隊の宮迫博之。本人が熱望する地上波テレビへの復帰はまだ果たせていないが、YouTubeにおける存在感は充分だ。

「闇営業騒動で吉本興業から契約解除となってからも紆余曲折ありましたが、スキャンダルで一旦消えた芸人としては、ここまでしっかり成功している例は少ない。ネット上では熱心なファンもいれば、アンチもいる状態ですが、ちゃんと結果を出していることについては評価されるべきでしょう」(メディア関係者)

 その一方で近頃はYouTuberとしての活動があまりにも安定しすぎていて、話題性に欠けるとの声もあるようだ。

「宮迫さんのチャンネルには芸人さんもちょくちょく出ていますが、もはや真新しさはほとんどなくなっているというのが現実です。動画の再生数はコンスタントに数十万回を稼いでいても、大爆発するような動画はあまりなく、良くも悪くも平和。劇的に叩かれるようなこともなければ、そこまでバズることもなくて、盛り上がりに欠けるんです。そうなると、地上波テレビとしても話題性のない宮迫さんをフックアップする理由もなく、余計にオファーしにくい状況にもなってくる。なんとも難しい状況です」(同)

 とはいえ、ネットニュースなどでは取り上げられる機会が多い宮迫。本人はYouTubeでその内容に言及することも多い。

「ネットニュースでネタにされることが、宮迫さんとメディアとの接点になっている、という状態です。本人としては不本意ではあるでしょうが、こういった接点がないと、本当に“過去の人”になってしまう。地上波復帰という目的のために、メディアとの接点を確保すべく、わざわざネットニュースに言及する……というなんとも不思議な形になっているように見えます」(同)

 YouTuberとしては安定しているが、それだけでは地上波復帰への道は拓かれないというのが、いまの宮迫なのだ。

「地上波復帰の目標を捨てて、ただただ動画をアップしていれば、なんの問題もなく平和にYouTuberとして活動できるはず。裏を返せば、地上波復帰を目的としている限り、芸能マスコミのターゲットになり続けるということでもある。この矛盾した状況を抜け出すのはなかなか大変だとは思います」(同)

 必死にYouTuberとして活動するだけでは地上波復帰に近づくことができない宮迫。その苦悩はまだまだ続きそうだ。

  • 4/15 12:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます