King & Prince、新曲MVが「ダサい」と大不評! プロの映像ディレクターも嘆く“ジャニーズセンス”という病

拡大画像を見る

 King & Princeが5月9日にリリースする新曲「Beating Hearts」のMVを公開した。前編フルCGで構成された今作は、60台以上のカメラが被写体を360度取り囲んで撮影する「ボリュメトリックキャプチャ技術」を採用したといい、いつにも増して凝った作りになっているようだ。

 しかし、MVを見たファンからは賛否が飛び交っている。ネット上では「キンプリのダンスは最高!」「やっぱり顔がいい」と絶賛する声がある一方で、「ダサすぎて泣ける」「MV本当にこれなの? まじなの?」「背景含めて全部ダサいwww」「見てると酔う」と不評が噴出。一時は、ツイッターの検索欄に「MV」と打つとサジェストに「ダサい」と出てきてしまう事態に。

 これに対して、大手レコード会社のスタッフは「ジャニーズのMVがダサいのはデフォルトですから」と笑う。

「ジャニーズは昔からMVにお金をかけない傾向にあります。その理由の一つに“基本的に顔面のアップが多いから凝った絵作りをしても無駄”というのもありますね。あと、昔ジャニーズのスタッフに聞いた話だと、カッコイイ絵コンテを準備するとジャニーさんやメリーさんにダメ出しを食らうっていうんですよ。曰く、『ファンは若年層がメインだから凝ったことをしても伝わらない』と言われたんだとか。でもそれってファンをバカにしていると思う。この10年でK-POPが市場を席巻した影響もあり、ローティーンのリスナーたちだって目も耳も相当肥えてるわけだし、“子ども向けに作る”みたいな感覚は捨てないといけない。キンプリはこれまでのジャニーズの悪しきセンスを受け継いでしまってる感じがしますね」

 60台以上のカメラを使ったというのだから、ある程度制作費はかかっていそうだが、“ジャニーズセンス”の呪いからは抜け出せていないということか。さらに、映像製作会社のディレクターS氏にMVを見てもらい、“ダサさ”の原因を具体的に解明してもらった。

「CGの粗をあげるとキリがないんですが、でもMVだとどのアーティストでもCGの粗はあるものです。僕がこのMVで一番気になるのは、背景と衣装が同系色のせいで、映像のすごさがボヤけてしまっている点。暗く寒色系の背景に、同じく寒色系の色の衣装だと、肝心のダンスシーンも映えないし、CGの効果も見えづらい。メンバーがCGで増幅するところも、同じ色の中に同じ色のものがうようよ湧いているように見えて、ただただ気持ち悪い。背景の世界観は前半が宇宙空間のような感じ、後半が未来都市の夜のような感じですが、そこにただのジャケットとパンツという衣装が合ってない。僕がこの背景で映像を作るなら、衣装は光沢のあるものにするか、思い切り派手にしたいですね。背景と衣装のミスマッチが解消されるだけで、だいぶ印象が変わると思う」(映像制作会社ディレクターS氏)

 目下「世界進出」を目標に掲げているキンプリだが、このクオリティーでは到底世界には届かないだろう。

「先日、メンバーの岩橋玄樹くんが脱退しましたが、チーム編成が変わったことで、方向性がちょっと定まっていないのかもしれないですね。歌もダンスも上手いグループだから、曲やMVにはもっと力を入れたほうがいいでしょう。今までの“ジャニーズセンス”から抜け出さないと、世界に出るきっかけすら掴むことができない」(前出・レコード会社スタッフ)

「Beating Hearts」は両A面シングルで、もう1曲はまだ公開されていない。ファンからの不評を覆すようなものが出てくることを期待したいところだ。

  • 4/15 7:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます