阿部寛、King & Prince高橋海人に大きな期待「すごくキレがいい。今までにない生徒」

拡大画像を見る

4月25日に25分拡大SPでスタートする阿部寛主演の日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系、毎週日曜21:00~)の記者会見が、4月14日に開催。阿部をはじめ、長澤まさみ、高橋海人(King & Prince)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太、及川光博が登壇した。

今作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による「ドラゴン桜2」が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編で、“令和”になった今だからこそ日曜劇場でやるべきエッセンスを取り入れたドラマオリジナルの展開も盛り込まれる予定となっている。

16年ぶりに桜木を演じる阿部は「自分が16年前にやった役を再び蘇らせることができることに、心から感謝している」と切り出し、「前作を越えるものを作りたいなと日々葛藤しています。きっと良い物にさせます」と決意表明。前作で桜木の教え子、今作では弁護士となった水野直美を演じる長澤は「どんなキャラクターだったかなと思い出しながら、まだ手探りな感じで現場にいます」と明かし、「桜木先生は、今でも大きな存在。当時も大きく感じていたけど、唯一無二の人」と、恩師への思いを語った。

“東大専科”の生徒役の高橋は「僕自身、受験を経験したことがなくて。受験生という青春を経験できて、嬉しく、そして楽しく現場に臨んでいます。頑張って、東大合格を目指して勉強したいと思います」と緊張の面持ち。「今まで演じた中で、一番男らしくて無骨な人間なので、素の僕と違うところがたくさんあって。悪戦苦闘している」と打ち明けると、阿部は「海人くんの芝居を見ていると、すごくキレがいいなと思って。今までにない生徒。これから、どうなっていくのか楽しみです」とにっこり。

期待を寄せられた高橋は「緊張しますね」と背筋を伸ばすも、「ラーメン屋を手伝っている役ということで、役作りで毎日ラーメンを食べているので……毎日はウソなんですけど、2日にいっぺんくらいは食べているので、どこかで役に立ってくるのかな」とお茶目にコメント。姉思いのキャラクターであることにも触れ、「自分と本当の姉との絆を生かせたら」と笑顔を見せた。

また「僕のグループって、仕事が決まる時にマネージャーさんに集められて、その前で発表されるんですけど、『海人がドラゴン桜、決まったよ』と聞いて、みんな飛び跳ねて喜んでくれました」と、King & Princeメンバーへの報告時を嬉しそうに回顧。「King & Princeみんなの期待も背負ってがんばっていきたい」と力強く誓った。

全国トップレベルのバドミントン選手役を演じる平手は、「(練習は)ハードで大変ですけど、すごく素敵な先生で、助かっている部分もたくさんあります」と感謝。そんな平手を及川は「反射神経がすごい」と絶賛し、長澤も「すごく運動神経がいいんです」と太鼓判。及川が「体がめんどくさがってないのよ」と続けると、平手は大笑い。

さらに阿部も「階段から落ちるシーンで、見事な落ち方をしていて。(福澤克雄)監督の彼女に対する目も変わったくらい」と平手の運動能力の高さを認め、「(平手に理由を)聞いたら、岡田准一のところでトレーニングしてるって」と明かすと、平手は「はい」と頷き、恥ずかしそうに手で顔をパタパタと仰いでいた。

なお、加藤は「あの『ドラゴン桜』に出演させていただくというのは、僕にとっても大きなこと」と気を引き締め、鈴鹿は自身が大学4年生の学年であることから「友達に、就活とか勉強をがんばろうと思ってもらえるように。伝われ~と思いながらやっています」とメッセージ。また日曜劇場への出演が夢だったという細田は「オーディションに受かったと連絡をもらった時には安堵感があった」と語り、志田は「難しい役だからこそ、がんばりたいなという思いが強くなっている」、南は「自分の中の一番明るい部分を引き出して、探りながらお芝居しています」と、それぞれ充実の表情を浮かべた。

一方、及川は「数学の先生なんですけど、なるべく授業のシーンがないことを願っています」と本音を吐露。福澤監督の作品は「1シーン、5テイク6テイクで済むと思うなよ」と生徒役の役者たちにアドバイスを送り、高橋が「今の言葉を肝に銘じておきます」と応じると、「よし!」と満足げ。「フレッシュなみなさんはここから大きく羽ばたいていくので、私も何かしら恩を売っておきたい」と話して笑わせた。

関連リンク

  • 4/15 9:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます