三浦春馬さんラスト作決定「唯一の希望」は長澤まさみの「100億」作品

拡大画像を見る

 昨年7月に急逝した三浦春馬さん(享年30)が出演した映画『太陽の子』の公開日が、8月6日に決定した。『太陽の子』は、終戦75周年となる昨年の8月15日に、NHKでドラマが放送。映画版は、ドラマ版とは違った視点で物語を描くという。

「第二次世界大戦下の日本で原子爆弾の開発に携わった科学者の苦悩と青春を描く作品でした。8月6日は、1945年に広島に原子爆弾が投下された日。また、NHKにとっては1926年に東京放送局・大阪放送局・名古屋放送局を統合して社団法人日本放送協会 (NHK) を設立した記念日でもあります」(女性誌記者)

『太陽の子』で、三浦さんが演じたのは陸軍下士官として出征し、肺の療養のため一時帰還する青年、石村裕之。

 2020年7月18日の三浦さんの突然の死のあと、出演した映画『天外者』、『ブレイブー群青戦記ー』の2作が公開され、今回の『太陽の子』で、生前に三浦さんが撮影しいた映画は最後になる。

「これで、三浦さんの映画が見納めなのは残念ですが、今年6月23日に、三浦さん最後の主演作だった『天外者』のDVDとBlu-rayの発売が決定しました。これには、クランクインの撮影風景や撮影現場でのキャストのコメントなどの映像も収録されているので、また新しい三浦さんの姿が見られるかもしれませんね」(前同)

■来年も銀幕で三浦さんに会える可能性

 さらに、三浦さんの一周忌となる、今年7月をめどに、所属事務所が「三浦さんのお別れ会」を行うことが告知されている。こちらはコロナ禍が収まる気配がないことや、三浦さんと関係が悪化していたとされる実母が、2月18日発売の『週刊新潮』(新潮社)で、事務所に対する不信感をあらわにしていたことなどから開催が危ぶまれているという。

 ファンにとっては、きちんとした別れの場が開かれるかわからず、映画館での三浦さんのラスト公開作が発表されたことで、寂しさを感じる人も多いだろう。

「ただ、ひょっとしたら銀幕で活躍する三浦さんの姿を、もう一度だけ拝める可能性があります。来年公開予定の長澤まさみ(33)主演映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』に、三浦さんが“天才恋愛詐欺師のジェシー”として、再出演する可能性があるんです」(前出の女性誌記者)

『コンフィデンスマンJP』は、もともとは18年にフジテレビ系で放送していた連続ドラマ。三浦さんは19年に公開された映画『ロマンス編』からレギュラー出演し、映画第2作目の『プリンセス編』でも活躍した。また、当初の予定では映画3作目の『英雄編』は、ジェシーとスタァ(竹内結子)にフォーカスした内容だったという。

■不安材料は大御所不足とロケ

「三浦さんだけでなく、竹内さんも昨年9月に急逝してしまったことで、大幅な脚本変更が行われましたが、過去の映像や写真を利用して、三浦さんと竹内さんを登場させる可能性もあるそうです。4月6日号の『週刊女性』(主婦と生活社)によると、撮影は順調ですが、主演の長澤が多忙のために撮影を遅らせられないことや、コロナ禍で海外ロケができないことが不安材料とされていますね」(前出の女性誌記者)

『英雄編』は、外国人エキストラを多用するなど手は尽くしているものの、実際に香港やマレーシアで撮影した前2作と比べ映像面が安っぽく見えてしまうのでは、という声があるという。

「スケジュールも余裕を持って組めず、ゴージャスな超大物俳優や、三浦さんと竹内さんに代わるような人気と実力を兼ね備えた役者も押さえられなかった、と報じています。それでも今を逃すと、長澤らが多忙で数年は撮影できない。フジテレビとしては、キラーコンテンツの『コンフィデンスマンJP』が盛り上がっている時期を外せず、『英雄編』の撮影を強行せざるを得なかったといいます」(前同)

『ロマンス編』の最終的合興行収入は29.7憶円。続編の『プリンセス編』は、コロナ禍の封切りながら公開から36日目で30憶円を突破し、最終的に38.4億円を記録する大ヒットとなった。次は『英雄編』で、トータル100億円を目指してほしいところだ。

 三浦さんの最後の雄姿が見られるかもしれない『英雄編』。期待は、高まるばかりだーー。

関連リンク

  • 4/15 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます