JUMP有岡大貴 単独初主演!企画!プロデュース!1人3役 松丸亮吾が「謎」制作

拡大画像を見る

 Hey!Say!JUMP・有岡大貴(29)が、舞台「ナゾドキシアター『アシタを忘れないで』」(7月12日開幕。東京グローブ座ほか)で単独初主演し、企画・プロデュースも手掛けることが8日、分かった。物語の中に散りばめられている謎を、観客とともに解いていくという新感覚演劇。“1人3役”で新たな試みにチャレンジする。

 有岡の発案から生まれた今作。観客は観劇しながら、物語に散りばめられた「謎」をともに解き、スマホやタブレットなどのツールを使って主人公を手助けしていく。「閉塞感のあるこの状況下で、異世界にトリップしたかのような没入感のあるエンタメを感じてもらい、お客さんには客席でスマホを使って参加型の演劇を体感していただきます」と、挑戦に心を躍らせた。

 物語のカギを握る「謎」を制作するのは、“謎解きクリエーター”として人気のタレント・松丸亮吾(25)。有岡が火曜レギュラーで出演する「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、休憩中に今回の舞台の話で盛り上がり、意気投合。演出は、人気バラエティー「有吉の壁」「有吉ゼミ」(いずれも日本テレビ系)などを手掛け、「ヒルナンデス」では有岡とタッグを組んだディレクター・橋本和明氏(42)が担当する。

 強力な制作陣もそろい、有岡は「『こんなことができたらいいな』という想いが僕自身の想像を超えて形になる予感がしています」と自信をにじませた。

関連リンク

  • 4/9 4:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます