MAN WITH A MISSION 新曲が「ゴジラvsコング」日本版主題歌に

拡大画像を見る

 ロックバンド・MAN WITH A MISSIONの新曲「INTO THE DEEP」(6月9日発売)が、映画「ゴジラvsコング」(5月14日公開)の日本版主題歌に起用されたことが8日、分かった。ハリウッド映画の楽曲を担当するのは、16年「X-ミッション」、17年「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に続く3作目。頭はオオカミで身体は人間という究極の生命体をうたっているバンドだが、映画ポスターではゴジラ、コングとの、“怪獣3ショット”も実現した。

 作曲を手掛けたJean-Ken Johnnyは、「話ガ来タトキニハ、本当ニ少年サナガラ心ガ躍リマシタ。コトサラゴジラハ、自分ノ中ノ絶対的ナアイコンデモアッタノデ」と世界的キャラクターとのコラボに大興奮。楽曲が流れる予告編をチェック済みで、「『ヤベェ、コレハエグイグライカッコイイゾ』ト自分デモ思ッテシマッタノハ内緒デス」と胸を張った。

 アダム・ウィンガード監督からは「子供の頃から、ゴジラとコングが大画面でぶつかり合うことを夢見ていました。その夢と心を通わせて、この映画にぴったりの曲を書いてくれた」と感謝されていた。

関連リンク

  • 4/9 4:00
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます