篠原ゆき子×倉科カナ共演 映画『女たち』の裏側に迫るドキュメンタリー配信開始

拡大画像を見る

 女優の篠原ゆき子と倉科カナが共演する映画『女たち』が5月21日に公開を迎えるのを前に、本作のメイキングドキュメンタリー『女優たち』がきょう9日からAmazon Prime Videoなどで配信されることが、わかった。

 映画は、とある山あいの小さな町を舞台に「壊れゆく女たち」の姿を描いた作品。主人公の美咲(篠原)は40歳を目の前にした独身女性で、夫の自死を受け入れられない母・美津子(高畑淳子)と暮らしていた。倉科は、美咲が唯一心のよりどころとしている親友・香織を演じるが、彼女もまた人知れず心に深い闇を抱え、精神を患っているという役どころ。

 『女優たち』は、昨年10月に開催された京都国際映画祭で特別招待作品として上映。篠原、倉科、高畑らが役に入り込む演技を捉えた映像に多くの反響を集め、製作の裏側が体感できる。 (写真=映画『女たち』メインカット (C)「女たち」製作委員会 )

関連リンク

  • 4/9 4:00
  • オリコン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます