食費月5万以下の家庭の節約事情「昼・夜の2食だけ。お米は実家から届く」「ふるさと納税を活用」

拡大画像を見る

それぞれの家庭の状況や価値観によって、差が開きやすい「食費」。30代のキャリコネニュース読者には、意識的に食費を月5万円以下に抑えている人たちが多くみられた。

「食費は月5万円以下。スーパーで安く仕入れた食材で自炊している」(東京都/30代男性/夫婦2人暮らし/世帯月収80万円)

「子どもがまだ小さいのに月5万円ほど食費がかかってしまう。でも、これ以上の節約はストレスになるため、気にしないようにしている」(愛知県/30代女性/夫婦・子ども2人/世帯月収30万円)

テレビやインターネットでは"食費月1万円の生活"など極端な例が紹介されることもあるが、食費が月5万円以下の家庭は「やりくりできている」と評価していいのではないだろうか。今回は、食費を月5万円以下に抑えている30代の人たちの声を紹介する。(文:大渕ともみ)

3人家族で食費が月3万円でも「品数の多い食卓を実現できている」

都内の30代女性の食費は、夫婦2人暮らしで月5万円ほど。世帯月収が160万円と高い割には、あまり贅沢をしていないことがうかがえる。しかし、安物ばかりを買っているわけではなく、「スーパーでは国産のいいものを選んで買います」と女性。それでも食費が高くならない理由については、

「食事は昼・夜の2食だけだから。それに、自炊なのであまりかかりません。お米は実家から送られてきますし」

と綴っている。

千葉県の30代男性(世帯月収53万円)は、夫婦と子ども1人の3人家族。食費を月3万円以下に抑えているものの、食生活は充実しているという。

「品数の多い食卓を実現できている。野菜も使い切っている」

なるべく自炊を心がけることが、食費を節約する秘訣と言っても過言ではないようだ。

「ふるさと納税で肉や魚を定期的に頼み、旬のフルーツを箱買い」

積極的に節約テクニックを駆使し、食費の削減と食生活の充実を両立する猛者もいる。島根県の30代女性(世帯月収110万円)は子どもと2人暮らし中で、月の食費が2万円以内になるよう管理している。女性は、食費節約のコツについて、

「買い物は週1回で無駄遣いを防止。生協の宅配を利用しています。また、ふるさと納税で肉や魚を定期的に頼み、旬のフルーツを箱買い。食費を抑えつつ、満足感のある食生活をしています」

と打ち明けた。ほかには、

「お互いの収入を合わせた金額の15%程度を食費予算としている。月5万円前後」(埼玉県/30代女性/夫婦2人暮らし/世帯月収62万円)

「食費は月5万円。もっと減らしたいが、外食はほぼなし。それなりに栄養を考えて買い物したらこの額になる」(大阪府/30代女性/夫婦・子ども2人/世帯月収40万円)

という声が寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き【アンケート】月々の食費についてのほか「会社や人事にバレたらヤバいこと」【緊急アンケート】「努力は必ず報われる」?などのアンケートを募集しています。

関連リンク

  • 4/8 16:50
  • キャリコネ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 時代が進むほど色んな食材や料理が便利に手に入る様に成ったけど、よく食べる基本の食品の安全性って意外と問題有るそうだね※、安価を求める故に生産効率重視で味や安全に疑問が有るのは「卵、牛乳、輸入の肉や野菜」とかね※、日本の養鶏や酪農は食中毒的には安心だけど、育成時のストレスや薬の使用や製品の加工法やらでもしかしたらアレルギーの要因に成る疑いも有るのかも?、本当の食の豊かさって何かな※

記事の無断転載を禁じます