G大阪FWウェリントン・シルバが来日「早くチームに合流したい」

拡大画像を見る

 ガンバ大阪は8日、ブラジル人FWウェリントン・シルバが来日したことを発表した。

 G大阪は3月25日にブラジルのフルミネンセからウェリントン・シルバが完全移籍にて加入することを発表。日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国が可能になり次第来日する予定となっていたが、7日に来日した。なお、今後は新型コロナウイルス感染防止のために定められている追加的防疫措置として、Jリーグが一括管理する14日間の待機期間を経てチームへ合流する予定となっている。

 来日したウェリントン・シルバはクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

「このチャンスをいただけたことがすごく嬉しいです。皆が日本のことをすごく良く言っていましたし、イングランドだったりスペインでもプレーや生活をしていたことがあるのですが、それに近い環境でプレーや生活ができることはすごく嬉しく思っています。特にチームにはこのチャンスをくれたことにすごく感謝したいと思いますし、早くチームに合流したいという気持ちでいっぱいです」

 現在28歳のウェリントン・シルバはフルミネンセでプロキャリアをスタートさせると、2011年1月にアーセナルへと完全移籍した。アーセナル在籍時には期限付き移籍を繰り返し、レバンテ、アルコヤーノ、ポンフェラディーナ、ムルシア、アルメリア、ボルトンでプレーした。2016年夏にフルミネンセへと復帰。2018年1月から2020年2月まではインテルナシオナルへ期限付き移籍していた。また、2009年にはブラジルU-17代表に招集されたことがある。なお、G大阪での背番号は「28」に決定している。

関連リンク

  • 4/8 15:42
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます