ラコステの古着を「REGENERATION(再生)」、プロジェクトが始動

拡大画像を見る

 ラコステ ジャパンは、回収した古着を「REGENERATION(再生)」させるプロジェクトを日本の文化発信基地「渋谷」で実施する。プロジェクトには二つ段階を用意。実験的なプロジェクトで、環境についての新たな取り組みとしている。

 「ステップ1」は、不要になったラコステのアイテムをラコステ渋谷店とオンラインストアで回収。4月8日から6月30日までの期間中、「不要なダンボールから大切なものを生み出す」がコンセプトのダンボールアーティストである島津冬樹氏による特製の古着回収ボックスとオブジェをラコステ渋谷店に配置している。
 また、期間中にオンラインストアを利用した際の荷物に宅急便着払い伝票が入れられており、商品が梱包されてきたダンボールに古着を入れて回収に出せるようになっている。古着の回収に協力すれば、ラコステ各店(百貨店とアウトレットを除く)で使える1000ポイントが付与される。
 「ステップ2」は、回収した古着の再生で、アーティストやデザイナーとコラボレーションをした作品の展示販売を8月19日(予定)から渋谷店で実施する。参加するアーティストやデザイナーは、5月以降に発表する予定となっている。

関連リンク

  • 4/8 14:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます