開発に20年以上、“果肉が赤いキウイ”が日本上陸 ベリーのような上品な甘さが特長

拡大画像を見る

 ゼスプリ インターナショナル ジャパンは、ベリー風味のキウイ「ゼスプリ レッド」を4月下旬より期間限定で販売することを発表した。

 「ゼスプリ レッド」は、20年以上の歳月をかけて開発された果肉が赤い新品種のキウイで、ベリーのような上品な甘さが特長。栽培の難しい小ぶりな品種で、抗酸化成分のアントシアニンやビタミンCが含まれている。

 同商品は、本州・四国のイオン・イオンスタイルの限定店舗および新宿高野本店にて、4月下旬より順次発売され、5月下旬頃まで期間限定で販売される。 (写真=新品種「ゼスプリ レッド」 )

関連リンク

  • 4/8 10:17
  • オリコン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます