小椋久美子、潮田玲子から“乗り換える”ファン続々?人気上昇の「ワケ」

拡大画像を見る

 元バドミントン日本代表の潮田玲子がインスタグラムを更新し、反響を呼んだ。

 潮田は〈地上波で放送されたバドミントン学園の衣装です〉と綴り、フジテレビで放送された番組の衣装を披露。デニム素材のトップスに薄茶のボトム姿なのだが、ファンにはそのシチュエーションがたまらなかったようだ。

「設定が教室で、潮田が講師役。そのため彼女は黒板の前で出席簿を持ちほほ笑んでおり、これに《こんなキレイな先生だと授業が全然入ってこない!》とネット上では興奮気味の声が上がっていましたね。確かに、教室風景が似合っていて妙にリアル。いろいろと妄想を働かせた男子は多かったのでは」(ネットウオッチャー)

 ただし、そんな潮田には〈昔はもっと可愛かったんだけどな…〉〈やっぱり現役時代が全盛だった〉との声も多く見られる。

「潮田は12年、29歳で現役を引退し、同年に元Jリガーの増嶋竜也と結婚、15年に第1子男児、17年に第2子をもうけています。現役引退から9年近く経ちすっかりママになっているだけに、多少は加齢感が出ても仕方がありませんよ(笑)」(テレビウオッチャー)

 それでも37歳にして十分なキュートさを保ち続けている潮田だが、一方で注目度をグイグイ上げているのが、現役時代に“オグシオ”と呼ばれ潮田とコンビを組んでいた、小椋久美子である。

「今回も《最近は小椋のほうが色香を感じていい》《昔は潮田ファンだったけど今は小椋だな》といった声が多く上がっていますが、3月21日に潮田がインスタで『S☆1』(TBS系)での小椋との共演を報告し、久々のペアショットを披露した際も、実は反響が大きかったのは潮田より小椋のほうでした。小椋は10年に現役を引退し翌年にラグビー選手と結婚するも、わずか1年で離婚。現在はローカルの情報番組などを中心に出演していますが、推定Dカップのメリハリのきいたスレンダーボディは健在。男性視聴者の注目を集め、現役時代とは逆に潮田より小椋のほうが人気度は高いようです。小椋の場合、そのスタイルと美貌に加え、別れた夫とは略奪婚疑惑も伝えられたことから、見かけによらない大胆さも魅力の一つになっているようです」(芸能ライター)

 ここは、全国区でのさらなる活動に期待したい。

関連リンク

  • 4/8 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます