ナイナイ矢部、松本人志に「岡村はビビってる」直言!ダウンタウンとの「共演NG」真相

拡大画像を見る

 4月2日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)の初回に、ナインティナインの矢部浩之(49)が登場した。矢部とダウンタウンの松本人志(57)の共演は、『笑っていいとも!』(同局)のフィナーレ以来、およそ7年ぶりで、松本はオープニングから「ここにおることが変やねん! 違和感しかないねん」と矢部がいることを指摘したが、進行役の千鳥のノブ(41)は「僕らからしたらすごいビッグマッチなんですよ」と大興奮。

 矢部は、松本と仕事をする機会は本当にないといい、「だから、恥ずかしい」と戸惑っていた。夏菜(31)が「正直、共演NGなのかと思ってました」と言うと、松本は「全然そんなことないねん!」と否定し、矢部も「NGではないのよ。NGではないけど結構周りが、なんかちょっと気遣われるというか」と同調。松本は「照れくさいねん」「昔つきあっててキスぐらいはした感じ」と、独特のたとえをしていた。

 昔、松本が著書『遺書』でナインティナインをこき下ろしていたことを矢部が突くと、松本は「めちゃめちゃええ意味で言ってるけどな!」と大慌て。松本は今回、矢部が来てくれたことがうれしいようで「いつかここ(進行を)ナインティナインで」と提案したが、矢部は「いやこれ、ちょっと小っちゃいおっさんは、ちょっと松本さん難しいかもしれないですね」と岡村隆史(50)の名前を挙げ、「ビビってます」と続けた。

 松本が「あいつ、けっこう楽屋とか来てくれて、2人で話したりすんねん」と、矢部の言葉に戸惑うと、矢部は「それ言わせていただくと、めちゃめちゃ優しくなられたじゃないですか」と、昔に比べ、今の松本が優しくなったとコメント。この矢部の言葉にノブと大悟(41)は「なるほど!」と納得していたが、松本は「変わってないって!」と苦笑いしていた。

■浜田が矢部の写真を「バーンッ」

 ノブに「松本さんがすごい怖いとか、ダウンタウンさん怖いっていうのない?」と聞かれたハナコの岡部大(31)は「ないです。優しい」と答えると、矢部は「だから、僕らぐらいじゃないすか。たぶん怖いのを、結構身近で感じてた時代は」「浜田さんに、当時『ガキ使』で吉本男前ランキングみたいなパネルがバーッて、僕がたまたま入ってて」「そのとき浜田さんが僕の写真だけ取って、バーンッて割ったんすよ。で、僕オンエア見てて、“なんで? 浜ちゃん”“なんでそんなことすんの?”って」と、テレビでの浜田雅功(57)の自分への仕打ちにへこんだことを告白。

 矢部が「そういうのが積み重なって、怖いなぁ、ダウンタウンさんって」と怖いイメージを抱いた理由を説明すると、松本は「でも、それはもう単独で浜田が悪い!」とすべてを浜田のせいにして笑いをとっていた。

 松本と矢部の関係に、視聴者は「松ちゃんとやべっち新鮮!」「矢部っちとまっちゃんが共演てなんだか見てて感動しちゃった」「このお2人の共演に、ワクワクしてしまう世代です」「ガッツリ絡むのはコレが初めてじゃない?」「岡村さんも出てほしい」など大喜び。

 他に「次はとんねるず出たらすごいやろな」「爆笑問題さんとの絡みにも期待」など、ダウンタウンと共演NGといわれているとんねるずと爆笑問題の名前を挙げて盛り上がる人たちもいた。

 昔のダウンタウンに対して怖いイメージを抱いていたのは矢部だけではない、『ダウンタウンのごっつええかんじ』(フジテレビ系)でダウンタウンと共演していたYOU(56)は、『ごっつ』以前、1990年に『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)でダウンタウンのアシスタントに決まったが、6週間あまり2人から無視されたストレスで胃潰瘍になり、血尿も出たと語っていた。

 また、若い頃からダウンタウンとの仕事が多く、『ごっつ』でも共演していた今田耕司(55)は、3月30日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京)で当時を振り返り、「そこで俺を虐待するだけのコーナーがあった」と明かした。そこでダウンタウンは、流れと関係なく隠し持った熱湯入りのスポイトを今田の首に当てて「アッヒャヒャヒャ」と喜んでいたといい、今田は「裁判したら勝てる」と冗談めかして語っていた。

 今ではすっかり「いい人コンビ」になったダウンタウンだが、やはり昔は怖かったようだ。

関連リンク

  • 4/8 9:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます