SMAP「涙腺崩壊の名曲・指・NHK」3つの奇跡が導く「30周年」

拡大画像を見る

 4月7日、SMAPのあの名曲が大いにネットを騒がせた。曲が流れたのはNHKの音楽番組『みんなのうた』。今年で60周年を迎え、1か月ごとにこれまでの歴史を彩った様々な楽曲が再放送される、という企画の一環として、SMAPの曲が流れたのだ。

「92年4~5月に放送されていた『ベスト・フレンド~Best Friend~』が、再放送されました。当時のSMAPは91年にデビューしたばかりの新人グループ時代。歌声に子供っぽいあどけなさが残っているほか、96年に脱退した森且行(47)の歌声も聞こえます。MVはアニメーションなのでSMAPの姿はありませんが、久しぶりに聞けて嬉しいですね」(女性誌記者)

 ちなみにみんなのうたでの締めは「ママはベスト・フレンド」だが、CD化した際は「僕のBEST FRIEND」に変えられている。そういう意味でも、今回のオンエアは実に貴重だ。

「『SMAP×SMAP(スマスマ)』(フジテレビ系)で、森のお別れライブをする際に“6人”で歌ったこの曲は中居正広(48)の涙腺と相性抜群で、ファンの間では“流れると中居くんが泣く歌”という印象もありますね。今日の放送を聞いて泣いているんじゃないか、という声もありました」(前同)

■『指スマ』が話題に

 また、7日の朝は『スッキリ』(日本テレビ系)でも、偶然SMAPの話題が登場し、ファンを驚かせた。この日はゲストにグローバルガールズグループ・NiziUが、9人そろってスタジオ初登場。

「3月26日に番組を卒業したはずのハリセンボン・近藤春菜(38)が、私服姿で駆け付けたんです。これは昨年10月にNiziUが出演した際はメンバーのMIIHI(16)が体調不良で欠席していたため、“新曲を出すときにまた歌ってくれないかな””全員で”とメンバーと約束していたからですが、このスタジオトークで、近藤がSMAPについて触れる場面がありました」(前出の女性誌記者)

 まず、NiziUは握りこぶしを合わせて、「いっせーのせ」などのコールと同時に立てる親指の数をぴったり当てる指遊びゲームで遊ぶ、という話をした。このゲームは各地で名称がバラバラで「チッチ」「いっせーのせ」などの呼び名がある。ここで春菜は、SMAPの名前を出したのだ。

「春菜は最初、NiziUが何の話をしているのかよくわかっていなかったんですが、“ああ、指スマ!”“SMAPさんがやってた”“『SMAP×SMAP』でやってたんですよね”と発言。『スマスマ』では、98年から『指スマ GRAND PRIX』という対決コーナーをやっていたんですよ」(前同)

 そのためSNSでは、

《春菜さん、指スマの説明してくれてありがとう》《春菜さんSMAPさんやってたから…
言ってくれてありがとう》《春菜さんナイスアシストです》

 と、近藤へ感謝のメッセージが寄せられていた。

■「SMAPは大きな船」

 近藤は4月5日のネット配信番組『7.2新しい別の窓(ななにー)』(ABEMA)に出演していたばかりだったが、ここでもSMAPについて多く話題が出ていた。

「SMAP時代について振り返る場面があったんですが、10代のころはヤンチャしていたうえに経験不足でスタッフを怒らせまくっていたことを話していたほか、稲垣吾郎(47)は“大切なのは大きな船”“みんなが乗ってるものだから”と、SMAPを船に例えたり、非常にトークが盛り上がっていました。それだけに、今回の『ベスト・フレンド』や『指スマ』はより一層、視聴者の印象に強く残ったのではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

 昨年4月8日に、NHKが『プロフェッショナル 仕事の流儀』の再放送リクエストを募ってからちょうど1年。現在に至るまで、11年のSMAPに密着した『SMAPスペシャル完全版』を求める声が、SNS上で上がり続けており、今回の一件でさらに拍車をかけた印象だ。

 今年9月9日は、SMAPがCDデビューしてちょうど30周年。何かが動く、という可能性は果たしてあるのだろうかーー。

関連リンク

  • 4/8 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます