MISIAの本名をガチ暴露!フワちゃんの“暴走ラジオ”はなぜ許される?

拡大画像を見る

「いよいよラジオの冠レギュラーも手にして、持ち前の超ポジティブキャラに加えてトーク力を身につけたら、それこそ“芸能界最強”の女性タレントになるのでは…。業界ではそんな憶測も聞かれますが、初回の放送でMISIAさんの本名を連呼していたのには驚きました。事務所の公式プロフィールにも記載されていないガチのフルネームをラジオの電波に乗せていいものか…。そうしたカオスな内容も含めて今後も注目を集めるでしょうね」

 芸能記者が称賛するのは3月31日深夜にスタートした「フワちゃんのオールナイトニッポンX(クロス)」(ニッポン放送)でパーソナリティを務めるフワちゃん(27)。番組公式サイトでも「予測不能の四次元ラジオ」と紹介されているように、オープニングトークではラジオ界の重鎮・伊集院光の名前を出して「伊集院聞いてる?」「聞いてなかったら起きてください」などノリノリでしゃべりまくった。

 ラジオの終盤では「小川菜摘」を名乗るリスナーからのメールに対してファクトチェックを敢行。メール送信者の本名と小川の本名を照合して“ガセ認定”を行う一幕も…。その後、「MISIAのターバンの中身」に関する投稿を読みあげ、悪意はないとしながら「すごいことになってるんだろうね」「ガチでメドゥーサみたいになってるパターン」とネタにして笑いを取っていたのだが…。

「エンディングトークで話すネタに困ったフワちゃんが、放送中のリアクションメールを読み上げたのですが、『ターバンを取った第二形態のMISIA』というラジオネームのリスナーから届いた『覚えとけよ』というメールに、フワちゃんは『怖い!』と絶叫。『これ本物かな?』と不審に思いながらもMISIAの本名を調べるよう、スタッフに指示し、『(放送終了まで)あと10秒? 待って!MISIAの本名わかるまで切らないで』『MISIA本名はイトウミサキというそうです。オモロ〜!』と絶叫して放送が終わるというフワちゃんらしい終わり方でした。ただ、事務所の公式サイトはおろか、ウィキペディアにも『本名非公開』とあるので、はたしてそれがファクトかどうかは怪しいかもしれませんが…」(前出・芸能記者)

 フワちゃんは番組終了後、その後の枠の「乃木坂46のオールナイトニッポン」にも“乱入”のような形式で出演。そこでも「MISIAさんの本名がイトウミサキだったのね」とガチ暴露していたが、そんな“暴走ラジオ”にもかかわらず、多くのリスナーや業界関係者は寛容な姿勢を見せているという。

「フワちゃんといえば、タメ口だったり、有名人の写真を勝手に撮ってSNSにアップするなど、傍若無人な振る舞いで知られていますが、実はギョーカイの好感度は抜群に高い。『オールナイトニッポン』の放送を終えた後の番組も盛り上げただけでなく、その後の深夜3時からの『オールナイトニッポン0(ゼロ)』でパーソナリティを務める元テレビ東京の佐久間亘行さんのところにもしっかりと挨拶をして帰ったそうですからね。MISIAの本当かどうかわからない“本名”を連呼してもお咎めはないと思いますよ」(芸能関係者)

 水曜日の深夜はフワちゃんが予測不能のラジオトークで盛り上げてくれそうだ。

(あまねかずこ)

関連リンク

  • 4/4 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

13
  • よー知らんけどホンマに許されとるん?😰本名非公開なのにアカン気がするんやけど😓

  • ほりさん

    4/6 17:11

    自分の本名を言ってから、言いましょう。

  • ガイジ枠は太田だけでえーわ

記事の無断転載を禁じます