神楽坂のグルメや観光スポット12選!ランチ情報から人気カフェ店まで

拡大画像を見る

神楽坂は神社やお寺があり、文化の街として人気の観光地♡一方で、石畳の路地やお店の雰囲気から「小さなパリ」と称されるおしゃれな街でもあります。そんな2つの顔を持つ神楽坂のグルメや雑貨屋などおすすめ観光スポットをご紹介!是非ぶらり散歩の参考に♡


1. 【神楽坂観光】神楽坂のメインストリート「神楽坂通り」


pixta.jp


最初にご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは「神楽坂通り」です。
「神楽坂通り」には、ファストフード店から老舗の店まで立ち並び、お昼には多くの人で賑わうスポット。
また、土日祝日は歩行者天国になるため特に活気があります!

「神楽坂通り」には、赤城神社や路地裏にある善国寺をはじめ神楽坂観光には欠かせないスポットがたくさんあります。
はじめて神楽坂に訪れる方は、まず「神楽坂通り」を歩いてみるのがおすすめですよ☆


<スポット情報>
神楽坂
住所: 東京都新宿区神楽坂1~6
電話: 03-3268-2802


2. 【神楽坂観光】現代的でおしゃれな神社「赤城神社」 


pixta.jp


続いてご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは「牛込総鎮守 赤城神社」です。
神楽坂駅から徒歩約1分、牛込神楽坂駅からは徒歩約8分のところにありアクセスもいいですよ◎

この「赤城神社」、2010年に有名建築家・隈研吾氏によってデザインされ、現代的なデザインへ生まれ変わりました。(※"隈研吾建築都市設計事務所 公式HP"参照)


末社にも立ち寄ろう☆


pixta.jp


境内の末社には、牛込の鎮守とされてきた地主神を祀る「出世稲荷神社」、徳川家康公を祀る「東照宮」、聖徳太子を祀る「八耳神社」、菅原道真公を祀る「螢雪天神」があります。

中でも「出世稲荷神社」はサラリーマンの方に人気の神社。「赤城神社」を訪れた際は末社も立ち寄ってみてくださいね♪

また、境内には「あかぎカフェ」もあります♪ランチ・ディナー・デザート・ドリンクの、充実のメニューをおしゃれな店内で味わえますよ!かわいいラテアートのカフェラテもあるのでおすすめです♡

是非神楽坂を代表する観光スポットの「赤城神社」に訪れてみてください!


<スポット情報>
赤城神社
住所: 東京都新宿区赤城元町1-10
電話: 03-3260-5071


3. 【神楽坂観光】神楽坂のシンボルは外せない「善国寺」


pixta.jp


続いてご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは「毘沙門天 善國寺」です。
神楽坂駅から徒歩約6分、牛込神楽坂駅からも徒歩約6分、飯田橋駅からは徒歩約5分のところに位置しています。

創設は今から約400年前の安土桃山時代末期。

本尊の毘沙門天は江戸時代から「神楽坂の毘沙門さま」として信仰を集め、現在も新宿山ノ手七福神の1つに数えられています。毘沙門天は多聞天とも号し、文字通り参詣者の願い事を多く聞いて下さるんだそう。(※"毘沙門天 善國寺 公式HP"参照)


善国寺の入り口に鎮座している狛犬「石虎」 


pixta.jp


こちらは「善国寺」の入り口に鎮座している狛犬「石虎」。阿吽の対になっている狛犬で、江戸時代後期に制作されたものだそう。丸みのある特徴的な狛犬が出迎えてくれる「善国寺」は、神楽坂のシンボルです!


<スポット情報>
善国寺
住所: 東京都新宿区神楽坂5-36
電話: 03-3269-0641


4. 【神楽坂観光】衣食住を満たすセレクトショップ「AKOMEYA TOKYO in la kagu」



続いてご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは、1960年代に建てられた新潮社の書庫をリノベーションしたセレクトショップ、「AKOMEYA TOKYO in la kagu(アコメヤ トウキョウ イン ラカグ)」です。衣食住のライフスタイルに「知」を加えた、日常生活を豊かにしてくれるお店なんです。

1Fにはカフェ「AKOMEYA茶屋」があり、抹茶や柚子を使ったドリンクや甘味、軽食が楽しめます♡


神楽坂の魅力を発信☆



店内には、生活に関する様々な物が扱われています。ファッションはもちろん、食器や音楽、家具、いろんな小物までそろっています。こだわって選ばれた物なので、どれも洗練されています。

かなり本格的なカフェスペースもあって、確かに衣食住のすべてを満たせるスポットです!


<スポット情報>
AKOMEYA TOKYO in la kagū
住所: 東京都新宿区矢来町67
電話: 03-5946-8241


5. 【神楽坂観光】フランス気分を味わえる「アンスティチュ・フランセ東京」



続いてご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは、なんとフランス政府の公式機関でもある総合施設「アンスティチュ・フランセ 東京」。
語学学校や文化交流ができるほか、図書館や書店、レストランもあって、フランスの文化を満喫できるんです♪もちろん誰でも自由に出入りできます!


まるでフランス気分が味わえる☆



「アンスティチュ・フランセ」では年間を通じて様々なイベントが開かれています。筆者が訪れた日も、ちょうど「フランコフォニーのお祭り」が開催されていて、大賑わい!フランス語圏の国々が集まり、音楽や食、文化を通じて交流するイベントで、庭園にはたくさんの屋台がありました。

会場は日本人よりもフランス語を話す人のほうが多い感じ。親子や夫婦が和気あいあいとフランス語で話している姿を見ていると、本当に外国に迷い込んだみたい!

もちろん日本人でも楽しめますよ。気軽に外国気分を味わいたい人、フランス文化に興味がある人にとっては特別な体験になること間違いなし♪


<スポット情報>
フランス語学校 アンスティチュ・フランセ東京
住所: 東京都新宿区市谷船河原町15
電話: 03-5206-2500


6. 【神楽坂観光】お土産におすすめ!和のコスメ雑貨専門店「まかないこすめ神楽坂本店」


※写真は羽田空港店です。

※写真は羽田空港店です。


続いてご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは、飯田橋駅から徒歩約2分、日本風なコスメショップ「まかないこすめ」。

店内には、ハンドクリームや化粧水などのコスメはもちろん、和柄のポーチ・ミラーといったコスメ雑貨や、巾着付きの入浴剤など一目惚れしそうな、かわいいものがたくさん!


魅力的な「こんにゃくスポンジ」お土産を☆



特にチェックするべき雑貨は「こんにゃくスポンジ」です。吸水力が抜群で保湿と美白が期待されるそうです♪そして何と言っても、1度触ると病みつきになる、こんにゃくのようなもちもちとした肌触り。あなたもきっとトリコになるはず…!是非店頭でお試しあれ♡


<スポット情報>
まかないこすめ
住所: 東京都新宿区神楽坂3-1
電話: 03-3235-7663


7. 【神楽坂観光】風情ある「小道」をぶらり散歩


pixta.jp


神楽坂には細い小道や横丁があり路地裏も栄えているんです。中でも有名な「小道」が3本あります。

1本目は戦国時代に武器商人が住んでいて「兵庫」(武器を入れておく倉庫)があったことから名前がついた「兵庫横丁」。
2本目は芸者の事務所や三味線の稽古場がある「芸者小道」。
3本目の「かくれんぼ横丁」は道が複雑に入り組んでいて、その名の通りかくれんぼに最適。

江戸時代の名残を感じさせる風情ある「小道」をぶらぶら散策してはいかがでしょうか♪


8. 【神楽坂グルメ】観光しながら気分はパリジェンヌ♡「PAUL」



続いてご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは、神楽坂の坂の中ほどにある「PAUL(ポール) 神楽坂店」です。
「PAUL」はフランスに本店を構える店で、本格的なフランスのパンがいただけます!店の外見は遠くから見てもパッとするほど印象的。モダンな黒壁に大きなショーウィンドウ。いかにもパリの街角にありそうなパン屋さんです♪


伝統的なフランスのパン屋を再現☆



ショーウィンドウに並ぶパンはどれもおいしそう♡日本ではあまり見かけないようなヨーロッパ風のパンやパイが並びます。思わずショーウィンドウに引き寄せられちゃう♪
外国人になったような気分になりそうですね!

店内も伝統的なフランスのパン屋を再現しているとのこと。ここでパンを食べれば、あなたも気分はパリジェンヌ♡ランチにどうぞ!


<スポット情報>
PAUL 神楽坂店 (ポール)
住所: 東京都新宿区神楽坂5-1-4 神楽坂テラス 1F
電話: 03-6280-7723


9. 【神楽坂グルメ】観光のランチタイムに訪れたい!本場ガレット「ル・ブルターニュ」


tabelog.com


続いてご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは、神楽坂の中ほどの路地に佇むおすすめ店「ル・ブルターニュ」です。
こちらではパリ名物"ガレット"を頂くことができます!"ガレット"とは、そば粉で作られたクレープのこと◎
モチモチ食感と香ばしい味わいにハマってしまう人も多いんだとか。


ガレットはお食事系からデザート系まで幅広く◎


tabelog.com


シードル(林檎酒)をお供にガレットを頂くのが、パリの定番スタイル☆
ガレットはお食事系からデザート系まで幅広く楽しむことができるので、好みや気分に合わせてチョイスしてみましょう!
穴場感のあるお店でおしゃれにランチを楽しむのも良いですね♪


<スポット情報>
ル・ブルターニュ 神楽坂店
住所: 東京都新宿区神楽坂4-2 コンフォート神楽坂 1F
電話: 03-3235-3001


10. 【神楽坂グルメ】観光のお供に和スイーツ「おこし処 神楽坂菓寮 本店」



続いてご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは、「おこし処 神楽坂菓寮 本店」。神楽坂・飯田橋駅から徒歩約4分。神楽坂を上りきった神楽坂上にある、おこし専門店です。

こちらのお店では、神楽坂らしい和のスイーツを味わうことができます♡


おこしの数はなんと30種類以上☆



おこしの味は30種類以上もあり、選ぶのも迷っちゃうほど…!
「カマンベールチーズおこし」や「アールグレイおこし」とおしゃれな味もあります!

見た目もかわいくなっていて、神楽坂の観光のお土産にいかがでしょうか?


<スポット情報>
神楽坂菓寮
住所: 東京都新宿区神楽坂5-21-1
電話: 03-6280-8102


11. 【神楽坂グルメ】観光の締めくくりは優雅にワインで乾杯「神楽坂ワイン食堂」



続いてご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは、神楽坂・飯田橋駅から徒歩約1分の神楽坂の途中にあるお店「神楽坂ワイン食堂 ビストロ Entraide(アントレイド)」。

自然派ワインが豊富で、店内には約200本を越えるワインがワインクーラーに常備されているそうです!ワイン好きにはたまらない観光スポットになってます。


デートにもおすすめ♡



ワインリストはなく、店員さんと相談してワインを決めるので、ワインに詳しい方は店員さんとの会話も楽しめちゃいます。もちろん、ワインに詳しくない初心者さんでも大丈夫!店員さんがお食事にとっておきのおすすめを教えてくれますよ!

デートにもおすすめのお店なので、是非観光がてら立ち寄ってみてくださいね♪


<スポット情報>
神楽坂ワイン食堂 ビストロ Entraide (アントレイド)
住所: 東京都新宿区神楽坂2-11-6 第83東京ビル 2F
電話: 03-6228-1565


12. 【神楽坂グルメ】観光に疲れたらリゾートのような「CANAL CAFE」へ♡



最後にご紹介する神楽坂のおすすめ観光スポットは、東京メトロ・JR飯田橋駅を出てすぐのお堀の早稲田通り沿いにある「CANAL CAFE(カナルカフェ)」。

行列のできる人気のおすすめカフェです。入り口の門からすでにとってもおしゃれ!
中に1歩踏み入れれば、リゾート気分に浸れること間違いなし♪


緑に囲まれた落ち着くデッキで、ゆったり食事を☆



このカフェの魅力は何といっても洋風のウッドデッキ。東京のお堀の上にあるのに、そこはまるでパリ・セーヌ川のほとりのような雰囲気!

緑に囲まれた落ち着くデッキで、ゆったり食事を楽しめます♪神楽坂の中でも旅行客に人気の観光スポットの1つです!


<スポット情報>
カナルカフェブティック (CANAL CAFE boutique)
住所: 東京都新宿区神楽坂1-9
電話: 03-5227-1277


神楽坂には観光スポットがいっぱい!


pixta.jp


いかがだったでしょうか!
今回は神楽坂の観光スポット12選をご紹介しました。
赤城神社や老舗の茶寮を含め、古き良き日本の風情が残った神楽坂ですが、そのフランス文化との関わりの深さがよく現れているんです。
この記事を参考に是非観光してみてくださいね。


関連リンク

  • 5/7 13:38
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます