香取慎吾&山本耕史、“新選組”あの名コンビが復活!?「オーラが半端ない」

拡大画像を見る

2021年2月17日(水)、ドラマ『アノニマス 〜警視庁"指殺人"対策室〜』(テレビ東京)の番組公式アカウントがInstagramを更新。万丞渉(香取慎吾)と羽鳥賢三(山本耕史)の2ショットを投稿し、反響を呼んでいます。

“オーラが半端ない”懐かしの名コンビ

番組公式アカウントは「ドラマ撮影の合間での取材!陰からこっそりオフショット」とコメントし、同日発売の『週刊TVガイド』(東京ニュース通信社)に香取と山本のインタビューが掲載される旨を告知。

同時に投稿された、堂々とポーズを決めた2人の写真に、ファンからは「なんて素敵でカッコいいツーショット」「お2人オーラが半端ないですね」など称賛のコメントが送られました。

また、2人は以前に大河ドラマ『新選組!』(NHK)で共演していたこともあり、当時を思い出したファンからは「新撰組思い出す」「おふたり揃う姿がまた見れて嬉しい限りです」と懐かしむ声が寄せられました。

“遠近法ハイタッチ”な2ショット

香取と山本の“新選組”2ショットが反響を呼んでいますが、以前には香取が自身のInstagramに、『新選組!』で脚本を担当した三谷幸喜との2ショットをアップして話題になったことも。

Amazonプライム・ビデオにて配信されているドラマ『誰かが、見ている』で主演を務める香取は、「取材20本!リモート合同インタビュー31メディア!させて頂きました!感謝です!」と、脚本を担当する三谷とともにメディア取材を受けたことを報告。

投稿では三谷との2ショットも公開し、“遠近法を使ってハイタッチ”のポーズを披露しました。これにファンからは「すごい取材の数」といった驚きの声とともに、「ソーシャルディスタンスでも手を合わせられてて素敵~」「楽しそうなお2人」など、工夫を凝らした写真にも反響が寄せられました。

【画像】

※aijiro/shutterstock

関連リンク

  • 3/17 17:30
  • closet

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます