“あの大先輩”もイジリ倒す、二宮和也のモノマネ芸にファン歓喜

拡大画像を見る

 2月21日に放送された「ニノさん」(日本テレビ系)で、二宮和也が事務所の大先輩のモノマネを披露した。

 この日の番組のゲストは、現在CMで木村拓哉と共演中の仲野大賀。木村について「今まで感じたことのない現場の緊張感。やっぱ圧倒的にオーラがあって」と話し始めると、それを聞いて二宮が「(木村は)独特な間があるんすよ」とコメント。挨拶をした際、無言の間があってから返事が返って来ると前置きしたうえで、木村のモノマネをしてみせたのだ。

 すると突然、MCの陣内智則のもとにあったバーテーブルの高さを調整する部分がガタンと下がり、予期せぬアクシデントに二宮が「怒らないで木村さん! もうしゃべんないから!」と叫ぶと、スタジオが笑いで包まれたのだった。

「二宮は、以前も木村のモノマネをしたことがあります。2020年10月に放送された『全力! 脱力タイムズ』(フジテレビ系)にゲスト出演した際、過去に同番組に木村が出演して『チョ待てよ』を自ら発したVTRに対して、二宮は使わなくてよかったと指摘。『事務所の先輩である木村拓哉さんに、「チョ待てよ!」‥‥いや、「チョ待てよ!」』と、木村の口癖を連発してイジっていました」(芸能ライター)

 二宮のモノマネは、木村だけではない。1月10日放送の同番組では、マネージャーに「この時間、俺一体何やってんだ?」「次はなんだ? 次の俺のルーティーンなんだ?」としきりに確認する松本潤のモノマネを披露。嵐ファンの視聴者を喜ばせていた。

 グループ活動休止となった今、「嵐ロス」のファンの慰めになったに違いない。

(窪田史朗)

関連リンク

  • 2/28 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます