山下智久、錦戸亮は「OK」、手越祐也は「排除」?複雑怪奇「辞めJ共演NG」

拡大画像を見る

 2020年から3人体制になったNEWSの、初めてのメンバー全員での冠ラジオ番組『NEWSのオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)が、2月21日に放送された。

「NEWSにとって『オールナイトニッポン』への出演は、2007年に小栗旬(38)の代打として出演以来、久しぶりのことです。過去の出演時のエピソードも自然と出そうなところですが、それにはちょっと問題がありました。というのも、前回番組に出演したのは、現メンバーの加藤シゲアキ(33)、そしてジャニーズを退所した山下智久(35)と錦戸亮(36)だったんです」(女性誌記者)

 過去の放送に触れるとなると、避けては通れない退所者2人の話。しかし、加藤は臆することなく、山下と錦戸の名前を出した。

「加藤は、2007年の放送に触れて“当時3人で出たのよ。山下くんと錦戸くんだったと思う”とし、小山慶一郎(36)も“山Pと亮ちゃんと出た?”と反応したんです」(前同)

■増田の「ふざけんな! 手越!」はあったが……

 ジャニーズを退所した山下と錦戸の名前をしっかり出した加藤。しかし、出なかった名前もあった。

「昨年6月にジャニーズを去ったばかりの手越祐也(33)の名前は出ませんでしたね。ついこの間までNEWSのメンバーだったんですが……。

 ただ、手越については、増田貴久(34)が昨年7月の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)のゲームで、“ふざけんな! 手越!”と叫んだことはあったものの、今回の山下と錦戸のようにフランクに出てくることはまだないですよね。

 山下は昨年10月、錦戸は2019年9月と退所の時期は最近なものの、NEWSを脱退したのは2011年10月の話です。もうグループを離れてから10年も経っていて、現メンバーも山下と錦戸に遺恨などといったものはないのでしょう。その一方、手越は脱退からまだ1年も経っておらず、辞める際もひと悶着あった。NEWSのメンバーは、事務所的なところでもまだ簡単には触れられないのではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

■NEWSでは「OK」でも関ジャニでは「NG」?

 加藤と小山の場合は問題なく口にした錦戸の名前だが、彼の名前が出ないグループもある。それは、錦戸が退所直前まで籍を置いていた関ジャニ∞だ。

「関ジャニは、2018年に渋谷すばる(39)も脱退しています。渋谷の名前は、ジャニーズ退所後も特にタブーになっていないようで、昨年10月放送の『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)で村上信五(39)が、渋谷の2人舞台『「未定」壱』についてのエピソードを語りました。

 また、交流も途切れたわけではないようで、渋谷が2019年10月23日に公開した『YouTubeラジオ「渋谷すばるのスバラじ」3』の中で、横山裕(39)と食事に行ったと報告。さらに、脱退後も、横山が定期的に連絡をしていたことも明かされました。

 メンバーと良好な関係にある渋谷とは対照的に、錦戸について関ジャニのメンバーが言及することはないですよね。2019年10月の『NEWSポストセブン』によると、錦戸が退所の合意に至った同年3月以降、関ジャニのメンバーがいる前で、自身の仕事関係者と電話で“独立後”の相談をして、メンバーを呆れさせることがあったといいます。錦戸の退所の際は、ジャニーズ事務所も彼に激怒していたと伝わってきており、メンバーの間にも、彼との強い遺恨が残っているのかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

■トシちゃんが“雪解け”するなら新しい地図も……!?

 デビュー時の6人から現在は3人と、メンバー数が半減したKAT-TUN。ここでも、“かつてのメンバー”への対応の差が出ているという。

「まず一番最初にKAT-TUNを脱退し、ジャニーズも退所した赤西仁(36)ですが、昨年12月にジャニーズ在籍時に出演したドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)の再放送が実現しました。さらに、滝沢秀明副社長(38)が、2019年の『ジャニーズカウントダウンコンサート』に赤西を出演させる構想があったと、昨年4月の『文春オンライン』が報じており、NGどころかジャニーズとの関係は良好な可能性すらありえます。

 度重なるルール違反を理由に2013年9月に契約解除となった田中聖(35)は、2019年9月にあったジャニー喜多川さんのお別れ会に参加。一部では、そこで現メンバーの3人と再会したとの話もあります。

 ジャニーさんのお別れ会は退所者も参加できたので、田中が特別というわけではありません。ただ、そこにすら参加できなかったのが、2016年3月にグループと事務所を去った田口淳之介(35)です。田口は、お別れ会の直前、2019年5月に大麻取締法違反の疑いで逮捕。事件からあまり日が経っていないこともあり、参加を見送ったのかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

 辞めJだからといって、全員がNGというわけでもないようだ。

「2017年9月にジャニーズを去った新しい地図の香取慎吾さん(44)、草なぎ剛さん(46)、稲垣吾郎さん(47)のように、現役ジャニーズタレントとの共演がNGのままとささやかれる人もいますよね。

 ただ、1994年3月に退所した田原俊彦さん(59)のように、以前はタブー視されていたものの、最近では少年隊の東山紀之さん(54)がバラエティ番組で頻繁に名前を出していて“雪解け”したケースも。時間を経って、扱いが変わる場合もあるということですよね」(ワイドショー関係者)

 今後も増えるであろう「辞めJ」と現役タレントたちの複雑怪奇な“共演タブー”。いちばん悩むのは、テレビ局なのかも。

関連リンク

  • 2/28 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます