なんて貴重な1枚! 河津桜と電車を写した1枚、電車の中をよく見ると車掌が…?

拡大画像を見る

2~3月上旬に花を咲かす河津桜。

ひと足早く桜を見ることができ、まだ少し寒い中でも春を感じることができます。

河津桜と電車をひと目で見渡せる場所から写真を撮影した、ベラス(@velous_93)さん。

「美しい1枚が撮れた」と写真を見返すと、あることに気が付きました。電車の中に注目です!

なんと、カメラに気付いた車掌が電車の中でピース!

車掌は、運転手とは違い電車の後ろに乗り、車内放送やドアの開閉を行う仕事を担っています。後ろ向きで乗車していたため、カメラに気が付いたのかもしれません。

桜と、電車、さらにピースをする車掌が写る貴重な1枚となりました。

お茶目な車掌のサービスに、たくさんのコメントが寄せられています。

・この写真、最高すぎる!こんなに素敵な場所を走っていたら車掌さんも気持ちがいいだろうな。

・1枚目で「すごくきれい!」と思ったら4枚目を見て目を疑った!いい車掌さん。

・かっこいい!カメラに気付くなんてすごいな。それだけ周りを見て安全を守ってくれているんだね。

実はこの電車は、1週間に1~2回程度、限られた区間でしか運転されない珍しい車両として『しあわせの黄色い電車』と呼ばれているもの。

貴重な写真はきっと、見た人にも幸せを運んでくれることでしょう!

[文・構成/grape編集部]

出典 @velous_93京急電鉄

関連リンク

  • 2/24 12:42
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 陸耳!?

    2/28 19:31

    しっかりと周囲に目配りしてますね!車掌さん!

記事の無断転載を禁じます