齊藤未月、新天地での滑り出しは上々? ルビン・カザンが“熱唱”動画を公開

拡大画像を見る

 昨年12月に湘南ベルマーレからロシア・プレミアリーグ(1部)のルビン・カザンへ期限付き移籍することが発表されたMF齊藤未月が、新天地で順調な滑り出しを見せている。

 ルビン・カザンは23日、齊藤がチームメイトの前でテレビ朝日系列のアニメ『ドラえもん』の主題歌を熱唱している動画を公式Twitterに投稿した。これまでにもMF久保建英やFW武藤嘉紀などが新加入する際に、同僚の前で『ドラえもん』の主題歌を歌っている姿が公開されており、海外でプレーする日本人選手の“通過儀礼”にもなりつつある。動画では堂々と歌い上げる齊藤の姿と、盛り上がるチームメイトの様子が映っている。

 この投稿に、齊藤も自身の公式Twitterで反応。「しっかり歌えそうなのこれしかなかったんだよな〜。なかなか盛り上がったので良かったです笑笑」とコメントしている。

 現在22歳の齊藤は湘南の育成組織出身。2015年にトップチーム登録となり、2016年の高校3年生時にJ1デビューを飾った。世代別日本代表にも名を連ねている。2020シーズンの明治安田生命J1リーグでは33試合に出場し2ゴールを挙げた。J1通算では80試合出場4得点を記録している。

関連リンク

  • 1/24 15:53
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます