鈴木杏樹のお相手は居酒屋バイトに!!不倫芸能人の「地獄級大転落」!

拡大画像を見る

 2020年2月の『週刊文春』(文藝春秋)で女優の鈴木杏樹(51)との不倫が報じられた舞台俳優の喜多村緑郎(52)。

 あの不倫報道から約1年が経過し、鈴木は徐々にテレビに復帰しつつある。一方、喜多村と妻で元タカラジェンヌの貴城けい(46)は現在別居中だという。

 1月21日発売の『女性セブン』(小学館)では、そんな喜多村の近況について報じている。

 記事によると、喜多村は現在、地元・千葉県のローカル番組『お昼の快傑!TV』(千葉テレビ)に出演。1月10日の放送では「ここは僕が大好きなところなんですよ」と、なんと鈴木との不倫現場を『週刊文春』に撮られた千葉県の某海岸を紹介していたのだ。

「ただ、千葉テレビのレギュラー番組が決まる前には、その海岸近くにある母親が経営する居酒屋でアルバイトをしていたといいます。喜多村が働いているときにはファンが来店したりと、店の売り上げにも貢献していたようです」(芸能記者)

■喜多村緑郎は不倫報道で事実上のクビに

 不倫が報じられ、さらにコロナ禍で予定されていた舞台が次々と中止になり、喜多村は活動の場を失っていったという。

「不倫発覚後、喜多村は仕事面で極めて厳しい状況にありました。事務所が運営する俳優スクールのWEBサイトには、所属する片岡愛之助(48)や尾上松也(35)といった所属タレントの写真が掲載されているにもかかわらず、喜多村の写真はなし。事務所としては、もはや喜多村を売っていく気はまったくなかったようで、事実上のクビ状態だったんです。

 今回、千葉テレビのレギュラーが決まり、表舞台に出る仕事につけたようですが、一流女優の鈴木杏樹と共演していた俳優が、居酒屋で皿洗いや注文を取っていたというのだから、不倫がいかに罪深いことだというのを、あらためて認識させられますよね」(前出の芸能記者)

 不倫が報じられ、喜多村のように仕事を失ってしまった芸能人は少なくない。

 2020年1月に唐田えりか(23)との3年にわたる不倫関係が報じられた東出昌大(32)もその1人だろう。

■東出昌大は2億円、マッチは引退も?

 不倫が報じられるまで、東出は4本のCMに出演していた。CM出演料は1本5000万円とも言われていたが、不倫が明らかになりCM契約は解除に。その損害額は2億円とも言われている。

 また、プライベートでは2020年7月に杏(34)との離婚が成立。2016年に夫婦で折半して購入した約2億円の自宅の権利は杏に渡った。

 2020年9月の『女性セブン』では、不倫発覚後、東出はウィークリーマンションを転々としていたほか、埼玉県の実家で生活をしていたが、現在は母親の兄、東出にとっての伯父の自宅で“居候生活”をしていると報じている。

「さらに移動は電車がほとんどで、舞台の稽古場には自作の弁当を持参しているといいます。飲み物もペットボトルのものを買うと高くつくため、自宅で煮出したお茶を水筒に入れて持ってきているという徹底ぶり。3人の子どもの養育費やCMの違約金返済のために質素倹約に努めているのでしょうね」(前出の芸能記者)

 2020年10月に25歳年下の一般女性との5年にわたる不倫が報じられた近藤真彦(56)は、同年11月中旬より無期限の芸能活動自粛に入った。

「1月1日の『東スポWeb』によると、ジャニーズ事務所は復帰の時期を模索しているといいますが、会見をせずに復帰すれば当然、批判の声が上がってしまう。かといって、天下のジャニーズ事務所の大幹部である近藤が、万が一にもアンジャッシュの渡部建(48)のように火だるまになるような事態があってはならない……。

 そのため、どのように復帰すればいいか、その方法に苦慮しているといいます。もしかしたら、このまま芸能活動を再開させず、フェードアウトするなんてこともあるかもしれませんよね」(女性誌記者)

■東京五輪・金メダル候補は渡部的不倫!?

 2020年9月の『週刊新潮』(新潮社)で、キャビンアテンダントの女性との不倫が報じられた競泳日本代表の瀬戸大也選手(26)は、その後、地方に住む他の女性との密会も明らかになってしまった。

 これにより、ANAと結んでいた所属契約を解除され、スポンサーも撤退。競泳日本代表チームのキャプテンも辞退し、日本水泳連盟から2020年内の活動停止処分も言い渡されるなど、一時は選手生命の危機もささやかれた。

 瀬戸選手の両親は1月5日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)の直撃取材に応じ、息子への思いや一部の報道内容を否定し、不満を語っている。

 一方、密会の様子が撮られている不倫報道について、母親は「それについては叱りました。大也が至らなかったと思います。でも、大也も相手の女性のことをよく知らないし、関係を持ったのも1回だけ。2年に及ぶ関係もウソですよ」と話した。

「母親は取材に対して“相手のことを知らない”、“女性と関係を持ったのは1回だけ”だと証言しています。相手のこともよく知らないのに、一緒に車に乗ってホテルに行き、情事に及んだわけです。しかも、その女性とは1回きり……。

 つまり瀬戸選手はアンジャッシュ渡部のように女性を性のはけ口にしていたということになってしまいますよね。不倫報道以来、瀬戸選手本人は沈黙を貫いていますが、両親のインタビューで、さらなる窮地を招いてしまったと言えるのかもしれません」(前出の女性誌記者)

■ミリオンヒットを飛ばしたあのアーティストも

 元RIP SLYMEのSU(47)は、2010年6月に歌手の大塚愛(38)と結婚し、2011年には第1子が誕生しているものの、2017年に22歳年下のモデル・江夏詩織(25)との不倫が報じられ、活動を休止。

「2018年10月にはRIP SLYMEも活動休止に入りましたが、同年11月にSUはインスタグラムで“すべての責任は私”とつづっています。SUはその後、YouTubeチャンネル『セカンドライフ』を開設し、ゴルフ動画を中心にアップしていますが、チャンネル登録者数は1900人ほどで、動画再生回数も2000回前後。

 RIP SLYMEといえばアルバムがミリオンセラーになるほど成功したヒップホップグループです。しかし、不倫が明らかになりSUは当時のファンの支持も失ってしまったのではないでしょうか。彼も今、かなり厳しい状況にあるようです」(前同)

 やはり不倫の代償はあまりにも大きい……。

関連リンク

  • 1/24 8:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます