神田伯山、オリラジ中田敦彦に面と向かい「うさんくさい」明言!現場は大混乱

拡大画像を見る

 オリエンタルラジオの中田敦彦(38)が、1月17日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。3月にシンガポールに移住することになった経緯などを語った。

 今回の放送は、昨年12月に相方の藤森慎吾とともに吉本を退所し、現在はYouTuberとして活躍している中田と、人気講談師の神田伯山(37)と、元暴走族総長という異色の肩書を持つ落語家の瀧川鯉斗(36)とのトーク。

 伯山と鯉斗は修行時代から14年来の仲だが、2人と中田は初対面。テレビには出ないと公言していた中田だが、妻の福田萌(35)に「2人には会っておいたほうが良い」と勧められたため、「恥を忍んで、何を言われてもいいや」と、出演依頼を受けたと明かした。

 家庭と仕事とのバランスが話題になり、中田のYouTuberとしての働き方について、伯山は「週に1回必ず休みを入れて、早く家に帰る」と指摘。すると、中田は「そこから変わりまして、週2日しか働いてないんですよ」と明かして伯山を驚かせた。

 続けて、中田は「週2回動画を撮って、それを2本に分けて週4本アップロードするっていうだけなので、基本的には休みなんですよ」と説明。また、子どもの教育について問われると、特別なことはしていないが3月にシンガポールに移住するため、英語と中国語を習わせる予定だと明かした。

■中田敦彦の表情がこわばる場面も

 そこで、伯山が移住の理由を問うと、中田は「YouTubeの動画はどこでも撮れる」と思った頃にコロナ禍が来てリモートワークが当たり前になり、「これはイケる」と思ったと説明。かつて偉人の多くが海外で学んだことをたとえにあげ、「もっと外に学びに行く人間が本当の愛国者」だと力説した。

 これを受け、伯山が「とうとう日本を脱出するのかって思った」と、冗談交じりに明かすと、中田は「日本が怖いってのもある」と真顔で反応。そして、「特に芸能人に厳しいですけど、めちゃめちゃハミ出すのを潰しますからね」と本音を漏らした。

 さらに、伯山は「中田さんは話芸も達者だし、良いんですけど、なにが一番魅力って、ちょっとうさんくさいじゃないですか」とぶっちゃけ発言。一瞬、中田の表情が凍りついたが、伯山は「欲が強いって勝手な印象があって。でも、同時に危険性もあるみたいな。それが魅力」だと持論をぶつけた。

 何度か微妙な空気になりながらも、穏やかに終わったトークだったが、放送前の15日深夜、伯山はラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(TBSラジオ)で収録の舞台裏を暴露している。

 以前から番組内で中田のYouTubeの内容をイジっていた伯山は、「大成功者だし、すごい話芸だし、良いなって思うところがあると同時に、なんかインチキくさいじゃない。インチキくさいのに惹かれるんですよ」と、トークの相手に中田を推した理由を明かした。

■過激発言もNGなし

 また、30分足らずの放送時間なのに、収録が2時間半もかかっており、後半は気が抜けてしまったと告白。勢いで、いろんな人の悪口を中田と言い始めてしまったそうで、後半は内容は「荒れに荒れてしまって」と苦笑いしていた。

 収録後、スタッフが「カットしたほうがいいとこありますか?」と確認すると、中田は「いや、何もカットするところないです」と答えたそうで、「お互い言っちゃいけないこと、いっぱいしゃべっているのに、やっぱスゴい」と、中田の覚悟を称賛していた。

 久しぶりのテレビ出演となった中田。伯山と盛り上がったという、荒れに荒れた悪口をぜひ見てみたい!

関連リンク

  • 1/24 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    1/24 19:37

    中田って確かにうざいと思う何か信用全くできない悪だと考えるな。

記事の無断転載を禁じます