大正~昭和初期の味わいをアレンジ 「サッポロ サクラビール」

拡大画像を見る

サッポロビールは、「サッポロ サクラビール」を2021年2月24日に発売する。

87年間、歴史を繋いできた

「サクラビール」は、1912年に九州で創業した帝国麦酒が、1913年に竣工した九州初のビール工場で製造をスタートし、アジア各地へも輸出され世界で親しまれたというビールだ。サッポロビールの前身である大日本麦酒が1943年に製造工場を継承し、2000年まで87年にわたり、ビール製造の歴史を繋いできたという。

サッポロビールの醸造者が当時の文献を読み込み、現代人の嗜好に合わせて「サクラビール」をアレンジ。香ばしいコクと、すっきりとしたのどごしを楽しめる。アルコール分は5%。

パッケージには発売当時のラベルをあしらい、「世界で親しまれたビールがいま、生まれ変わる。」というコピーをデザインした。

350、500ミリリットル缶をラインアップ。

価格はオープン。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 1/23 19:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • マリン

    1/23 21:57

    これ美味しそうですね。東京で飲む事は出来るのかしら???

記事の無断転載を禁じます