LiSA、ワンオクTaka、国分太一…堺雅人も!!「親から勘当された」芸能人!

拡大画像を見る

 大相撲・元貴乃花親方の貴乃花光司氏(48)が、1月22日までに「サービス&セキュリティ株式会社」の新CMのオンライン発表会に出席。長男で靴職人、タレントの花田優一(25)について「完全に勘当していますので」と公の場で初めてその関係を明かし、話題を呼んでいる。

 優一は2020年9月に歌手デビューを果たし、今年1月にはアルバムもリリースしている。しかし、その歌についても貴乃花は「聴いてません」と一蹴。

 優一といえば、2017年6月に陣幕親方の長女と結婚するも、わずか1年半後の2018年12月に離婚を発表。

 さらに本業のはずの靴の製作では、代金を受け取りながら納品が大幅に遅れたことなどから、当時の所属事務所にも苦情が殺到。2018年11月には、クビ同然でマネジメント契約を解除されている。

「息子の尻拭いのためか、2019年2月には貴乃花氏がその事務所と業務提携をしていたことが明らかになりました。オーダーを受けた靴の製作が納期に間に合わなかった際も、貴乃花氏がフォローに回ったこともあるといいます。

 大相撲の世界で、大変な苦労を重ねた末にトップに上り詰めた貴乃花氏からすれば、靴職人に専念せず、タレントや歌手活動など、将来のビジョンがはっきりとしない息子にしっかりしてもらいたいという思いがあり、勘当という選択をせざるを得なかったのかもしれないですね」(スポーツ紙記者)

 芸能界で成功を収めたタレントの中には、親から勘当されたという人物も少なくない。

■ワンオクTakaは父親との関係を歌に

 日本だけでなく海外でも支持されるロックバンド・ONE OK ROCK(ワンオク)でヴォーカルを務めるTaka(32)も10代の頃、父の歌手の森進一(73)から勘当されているのはファンにはよく知られた話。

 今でこそインスタグラムにツーショット写真を投稿するなど、仲睦まじい親子関係にある2人だが、TakaはジャニーズJr.を経てNEWSのメンバーとしてデビューを果たすも、わずか3か月でグループを脱退した過去がある。

「当時のTakaは、ジャニーズのアイドルだったにもかかわらず女性とのツーショット写真や喫煙・飲酒疑惑が週刊誌に報じられるなど、私生活は相当荒れていたといいます。さらに、高校1年生の冬にTakaは“音楽で生きていく。バンド活動に専念したい”と、学校を辞めると言い出したんです。

 父親の森はこれに激怒。学校の教師にも“息子を学校に留めるように説得してほしい”と相談したそうですが、高校1年の3月にTakaは学校を中退。森はこのときにTakaを勘当し、“1人で生きていけ”と家から追い出したと、2016年9月の『女性セブン』(小学館)では報じています」(芸能記者)

 ワンオクの楽曲『Hard to Love』は、父親との断絶と和解を歌ったものだ。

「父親との断絶を乗り越え、今ではワールドツアーも敢行する日本を代表するバンドのフロントマンを務めているわけですから、父親の森もTakaのことが誇らしいでしょうね」(前出の芸能記者)

■『半沢直樹』の堺雅人も……

 堺雅人(47)も俳優の道を志した際、親から勘当されている。

 高校から早稲田大学に進学した堺は、故郷の宮崎県から上京。高校時代から演劇部に所属しており上京後は早稲田の名門・演劇研究会(劇研)に入会する。

「堺は半端な気持ちで演劇に臨みたくないという思いで、劇研に入会した当初から、いずれは大学を中退する覚悟でいたといいます。実際に堺は大学を3年で中退。そのことで親から勘当され、7~8年は断絶が続いたと、2015年12月の『週刊現代』(講談社)では伝えています。

 そんな堺ですが、2013年には平成最大のヒットドラマとなった『半沢直樹』(TBS系)で主演を務め、2016年にはNHK大河ドラマ『真田丸』にも主演。そして2020年放送の『半沢直樹』の続編でも令和最高の視聴率を記録した。

 さらに、一流女優の菅野美穂(43)と結婚したわけです。親に勘当される覚悟で選択した俳優の道で大成功を収め、立身出世を実現したと言えますよね」(女性誌ライター)

■ジャニーズから社内独立をする人気タレント

 今年4月、城島茂(50)、松岡昌宏(44)とともに「株式会社TOKIO」を設立し、ジャニーズ事務所から社内独立をする国分太一(46)も、父親から勘当された過去を持つ。

「国分は13歳でジャニーズ事務所に入所していますが、その際にも父親は大反対だったといいます。また、メディアへの露出が増えるにつれ、高校に進学することに疑問を持ち始めた国分を両親は“せめて高校だけは出てほしい”と説得したようですが、反抗期だったことも相まって国分は拒否。

 これに父親は“高校を辞めるなら国分家を出ろ!”と激怒し、国分は本当に家を出てジャニーズの寮に入ってしまうんです。国分が芸能界で成功してからは、両親とともに食事に行くなど関係は改善しましたが、テレビであれだけ明るい国分にもそういった過去があるというのはちょっと驚きですよね」(前出の女性誌ライター)

■『鬼滅の刃』のあの人は

 1月15日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)では、テレビアニメ版『鬼滅の刃』の主題歌『紅蓮華』や『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌『炎』を歌い、2年連続で『NHK紅白歌合戦』への出場を果たした歌手のLiSA(33)の幼い頃からブレイク前の道のりを特集。

 SPEEDに憧れて、小学校5年生から3年間単身、沖縄で生活しながらダンスのレッスンに明け暮れていたLiSAだが、夢半ばで地元に戻ってくる際には「音楽の道はあきらめる」と母と約束していた。

「しかし、夢をあきらめられないLisaは21歳のときに家出当然で上京しています。厳密には勘当とは言えないかもしれませんが、LiSAが母親との約束を破り、決別して退路を断って、夢に挑戦したということですよね。

 その夢が結実し、今では日本を代表する歌手になったわけです。『紅蓮華』は『オリコン年間ランキング2020作品別売上数部門』で1位に、『炎』は2位にランクイン。1月13日にリリースしたニューシングル『dawn』も注目を集めていますね」(前同)

「勘当された」という過去があるからこそ、芸能界で成功できたタレントもいるのかもしれない。花田優一ははたして――。

関連リンク

  • 1/23 9:57
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます