木村拓哉、マック新CM“仰天の声”が大不評…「米倉涼子の二の舞」懸念!!

拡大画像を見る

 昨年1月から日本マクドナルドのCMに起用され、いまやすっかり「マックの顔」となった木村拓哉(48)。1月12日から新シリーズが順次全国オンエアされているが、CM中の“ある部分”に苦情が寄せられているという。

 現在放送されているのは“カフェラテ「木村氏、どなたかと」篇”と“ヤッキー「木村氏、後輩と」篇”の2パターンで、前者には塚地武雅(49)、後者には仲野太賀(27)といった新メンバーも登場。スーツ姿のビジネスマンに扮した木村が、見覚えのないビジネスマン(塚地)や会社の後輩(仲野)とテンポよく会話をしながら、街中で不意にマックの看板を見つけて……というコミカルタッチな内容となっている。

「CMの設定やストーリー自体はおおむね好評なんですが、問題は終盤。“マック、みっっけ。”というキャッチフレーズが画面に大写しとなり、被せるように木村のアフレコが入るのですが、この声が“聞くたびにびっくりする”“耳障り”“怖い”“鳥肌立つからやめて”とツイッター上でさんざんな言われようなんです。

 確かに、ここだけわざと喉を潰したような発声で、木村の地声からはほど遠い。音量もやや大きいように感じます。短時間でインパクトを残そうという演出サイドの指示なのでしょうが、不快感を覚える人がいるのもわからなくはありません」(女性誌記者)

■米倉涼子のCMに視聴者から“うるさすぎる”とクレーム殺到!!

 今回の“声問題”で思い出されるのが、昨年物議を醸した楽天モバイルのCMだ。「ラクテンモバーイルッ!」という大ボリュームの歌声とともに始まり、ピンクスーツ姿の米倉涼子(45)が「日本のスマホ代は、高すぎるっ!!」と声高にメリットを主張するというものだが、視聴者から“うるさすぎる”と苦情が殺到。結局、ナレーターを変更するハメになった。

「これ以上批判の声が高まると、CM演出でケチがついてしまった“米倉涼子の二の舞”になる可能性もあります。今回は木村本人の声のようですから、簡単に撮り直しというわけにもいかないかもしれませんが……。設定自体は好評なだけに、近いうちに何らかのテコ入れが入るかもしれませんね」(前同)

 今までも“キムタク持ち”から「ドライブスルーで、ちょいマックぅ~!」まで、何かと視聴者の注目を集めてきたマックのCM。今回ばかりは狙いどおり、とはならなかった……!?

関連リンク

  • 1/22 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • トリトン

    1/25 17:29

    自分の子供の頃の初めてはドムドムバーガーとロッテリアだったなその後にマックとモスでしたね個人的にはモスの照り焼きが一番好きですね。

  • 青い流星☆

    1/25 17:21

    マックも楽天も、嫌いだからどうでも良い。

  • 私が子供の頃(四十数年前)は、マクドナルドとモスバーガー位しか無かったからアレだけれどねぇ。

記事の無断転載を禁じます