松本潤「NHK大河・徳川家康」で加速する「嵐の再結成」と「強烈逆風」!

拡大画像を見る

 嵐の松本潤(37)が大役をつかんだ。2023年に放送されるNHK大河ドラマ『どうする家康』で、松本が主役の徳川家康を演じることが、1月19日に発表されたのだ。

 同作は、脚本を『コンフィデンスマンJP』や『リーガル・ハイ』(いずれもフジテレビ系)など多数の名作を手掛けた古沢良太氏が担当。室町時代後期から江戸時代にかけて、家康の生涯を描く。嵐のメンバーで大河ドラマに出演するのは、松本が初めてとなる。

「大野智(40)は現在、芸能界を離れていますが、2020年末でグループとして活動を休止したものの、嵐メンバーは、これまでのレギュラーに加えグループの番組を引き継いだ櫻井翔(38)、相葉雅紀(38)、従来からのレギュラー番組がある二宮和也(37)は仕事が明らかになっていました。松本だけが2021年以降の仕事が未定とされていたんです。

 松本には、舞台の仕事をしたがっている、『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)の映画が製作されるなどの報道はありましたが、2023年と少し先の話ではありますが、今回の大河ドラマ主演報道で、ようやくはっきりしたソロ活動の予定が見えましたよね」(女性誌記者)

■アニバーサリー前夜の大河出演

 1月20日付のWEB版『日刊スポーツ』によると、『どうする家康』の撮影は、来夏から開始される予定だという。

「大河ドラマは1年を通じて放送されますから、そのぶん、撮影期間も長い。2022年から23年後半にかけての松本は、大河ドラマのために全力を尽くす期間になりそうです。ただ、松本のソロ活動は『どうする家康』で一区切りとなるかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

 ソロ活動の一区切り――それは、「2024年が嵐にとってデビューから25年というアニバーサリーイヤーに当たるから」だと女性誌記者は続ける。

「2024年に嵐が再集結する、との報道が出ていますよね。

 松本は大河出演に際して、“初めにこの話を聞いたのは昨年の11月。嵐として2020年いっぱいまでは走り切りたいと思ってた僕は、これだけの大きな事を決める事はできないと思い、結論を待って頂きました”とのコメントを寄せています。そのことからもわかるように、嵐は松本にとって大河主演のオファーを保留するほど大切な存在。

 2023年に国民から大きな注目を集める大河ドラマで松本が主役を張り、2024年に嵐が再始動となれば、これ以上にない注目を集めるはず。大河主演と嵐の再集結話は、はったようなタイミングですし、デビュー25周年での復活の可能性は高そうに思えますね」(前同)

■松本への厳しい声のベースにNHKへの批判

 再結成への期待も高まる22023年の松本主演のNHK大河ドラマ『どうする家康』だが、歓迎する声も多い一方で、「大河くらいちゃんとした役者をキャスティングしてほしい」「実力のある俳優に大河の主役をやらせてほしい。イケメンではなくて、上手い芝居が観たい」といった声がネット上でも見られる。

「2021年の大河『青天を衝け』が吉沢亮さん(26)、2022年『鎌倉殿の13人』は小栗旬さん(38)が起用されています。2人とも実力があり、俳優としての実績もしっかり積み重ねているのですが、人気先行では、という声も聞こえてきます。

 また、同じNHKの朝の連続テレビ小説では、2018年後期『まんぷく』の安藤サクラさん(34)以降、2021年度前期の『おかえりモネ』での清原果耶さん(18)まで、6作連続でオーディションをしていません。さらに、同年後期の『カムカムエヴリバディ』では、オーディションを行ったものの、川栄李奈さん(25)、上白石萌音さん(22)という、すでに人気も実績もある女優が選ばれました。真相は分かりませんが、ガチンコでオーディションをしたとは誰も思っておらず、ネット上でも“最近名のあるキャストで視聴率狙いに偏りすぎ”との声も寄せられています。

 松本さんが『どうする家康』の主演を務めることへの厳しい声のベースには、人気先行のキャスティングに見える大河と、新鮮さより安定感を狙っている感が強い朝ドラ、つまり視聴率を求めにいっているようなNHKの姿勢に対する批判があると思われます」(ワイドショー関係者)

■少ない役者活動からいきなり大河主演

 前出のワイドショー関係者は続ける。

「スポンサーの顔色を伺う必要のない公共放送のNHKとはいえ、大河ドラマや朝ドラは視聴率が話題になりますし、他のバラエティ番組などでも、制作サイドは明確に数字を意識しているといいますね。だから、潜在的に多くのファンを抱えているわけではないが実力は間違いない俳優、活力溢れてフレッシュな新人女優よりも、人気と知名度のある役者を選びがちになってしまうのでしょう」

 松本に対しても、「冷静に考えて2年後の嵐ブランドのない実力もない松本潤が大河の主役ってなにかあるのか?」「また視聴率稼ぎか?」との厳しい意見がネット上にもある。

「松本さんは嵐のライブの演出も担当していたせいか、この5年の連ドラ出演は2016年と2018年に『99.9』の2作だけ。単発ドラマも2019年7月の『永遠のニㇱパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~』のみ。映画も2017年の『ナラタージュ』1本と、役者としての活動が少ない。

 そこからいきなり大河の主演ですから、“人気取りのためのキャスティング”という声が出てくるのは仕方ないでしょうね。放送2年前の段階で、すでに松本さんには逆風が吹いていると言えるかもしれませんね……」(前同)

■「今までとは違う新たな家康を」

 ただ、国民的グループ・嵐のライブのすべてを担っていた男・松本潤が、多少の逆風に押し流されるわけはないだろう。

「今回、松本さんがタッグを組む脚本の古沢氏は、『探偵はBARにいる』や『コンフィデンスマンJP』のように巧みなストーリー構成に、笑いやスリルのスパイスをほどよく注ぐエンターテイメント性の高い作品が魅力の名脚本家です。『どうする家康』も大河ドラマだといって、硬派になりすぎない、古沢氏らしい遊び心もある作品になるでしょう。

 松本さんも、『99.9』や『ラッキーセブン』のようなエンタメ性の強い作品の経験もありますし、古沢氏のストーリーにもハマるはず。松本さんは、『どうする家康』主演にあたり、“古沢さんの考える家康像はとても斬新です。今までとは違う新たな家康を一緒に作っていけたらと思っています”とコメントを寄せています。ストーリーと松本の演技の相性次第では、前評判が嘘のような大化けもありえるでしょう」(前出のワイドショー関係者)

『感謝カンゲキ雨嵐』にあるように、“たぶんピンチに強い”の精神で、松本には逆風を乗り切ってほしい! 

関連リンク

  • 1/21 9:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 脱走兵

    1/24 22:31

    大河は主役より脇役。歴史は群像劇だ。『麒麟』だって本木雅弘(斎藤道三)や高橋克典(織田信秀)吉田鋼太郎(松永久秀)でようやく見れるモノになってた。むしろ彼らのシーンこそ面白かった。門脇麦との二人のシーンとかいらんかったくらい。今は事情が事情とはいえ駆け足で脇役が少なく、染谷将太(織田信長)だけでは支えきれてない。

  • 時代劇ね、今の若い奴らにはもうできないよ(笑) だいたい時代劇NHKの大河と時代ドラマしか今作ってないでしょ。 制作、主役、脇役、悪役と全てにおいて2000年以降民放とNHKが時代劇を捨てた時点で時代劇は死んだ! だいたい今の民放ドラマの奴らは時代劇ヅラと立ち居振舞いが似合わない! あと殺陣ね!1980年代までの時代劇スターは修羅場くぐってたからなぁ。 ジャニーズの必殺はクソ(笑)

  • KDS

    1/24 11:55

    嵐の再結成?やめておけ 松本は大河の器じゃない。いうほど演技がうまいわけじゃないぞ。そもそもNHKは公共放送だろ?他局と同じように視聴率うんぬんいう局じゃないと思うのだが。

記事の無断転載を禁じます